スポンサーリンク

アーリーのタイ・イサーン料理店 Lay Lao ミシュランバンコク2018ザプレート取得店に行ってきた。

先日ミシュランバンコク2018でThe Plate(ザプレート)という「調査員のおすすめ」を取得しているLay Lao(レーラオス)に行ってきました。

このレイラオですがバンコクのお金持ちが多く済みおしゃれなバーやカフェが点在するパホンヨーティン・ソイ7(通称:アーリー通り)にあり、外国人利用も多いお店となっています。

その他ミシュランバンコク2018のお店はこちらを見てね!

「項目別」バンコクのミシュランガイド2018掲載店舗の地図を作りました。アテンド時の話のネタにどうぞ!
なんと、屋台も掲載されているので低予算でも安心です。もちろん高級店もたくさんあります。

 

スポンサーリンク

お店の外観

2019年10月よる19時くらいにレストランに到着しました。

通りはかなり屋台が多く出ておりにぎやかです。

レストランの前はちょっとしたテラスになっており白人は良くテラス席で食事をしています。

お店の前にはメニューも置いてあるので、こちらでざっとメニューを見てから、食事をするか決めることができます。親切ですね!

 

メニューと今回食べたもの

メニューにはお勧め度合いによって星マークがついてます。

 

今回注文したのは

Papaya Salad:ソムタムタイ(値段確認忘れ)
Beaf Steak:焼き牛肉(値段確認忘れ)
Black Sticky Rice:カオニャオ黒(20バーツ)
Seabass in Spicy Clear Soup:トムヤム(245バーツ)

 

ソムタムタイ:パパイヤサラダ(左)とトムヤムスープ(右)

何も言わずにソムタムタイを頼むとそれなりに唐辛子が入っており辛かったです。

辛いのが苦手な人は唐辛子抜きをお勧めします。

トムヤムは辛すぎずおいしかったです。

 

ヌアヤーン:焼き牛肉(左)とムーヤーン:焼き豚肉(右)。

牛肉を頼んだのに豚肉が来てしまい、少しだけ豚肉を食べてる途中で気づいて、牛肉に変えてもらいました。

もちろん牛肉だけの値段請求でした。

 

ミシュランのおすすめ

おススメって程でもないんですが、ミシュランバンコク2018の中には、

「 イカのフライ、ムール貝とパパイヤのサラダ、海老とニンニクのディープフライ」

等がおすすめとありました。

また、シーフードはフアヒンから発送してもらっており、お肉は契約農家から納入しているそうです。

ミシュランバンコ2018「Lay Lao」より

 

Lay Lao (レーラオ)営業時間と場所、行き方

BTSアーリーのEixt3から出て、パホンヨーティン・ソイ7に入り、直進100メートルほど左手。

店名(英語) Lay Lao
店名(タイ語) เล ลาว
住所(英語) 10400 2/1 Phahon Yothin 7 Alley, Khwaeng Samsen Nai, Khet Phaya Thai, Krung Thep Maha Nakhon 10400
住所(タイ語) 10400 2/1 ซอย พหลโยธิน 7 แขวง สามเสนใน เขต พญาไท กรุงเทพมหานคร 10400
ウェブサイト https://www.facebook.com/laylaoaree/
電話番号 02-279-4498
営業時間 11:00-22:00(基本毎日営業)

なお2018年10月現在お店はアーリーの1店舗のみですが、チャオプラヤ沿いのアイコンサイアムにも支店を出すそう。

 

地図(グーグルマップ)

 

まとめ

料理もそれなりにおいしかったし、内装もきれい。料理はそれなりのお値段がするもののそんなに高すぎないので日本から友人が来た際に連れて行くのに良さそうな場所です。

BTSアーリー駅からは徒歩3分程で交通の便は良いものの、スクムビット通りからは離れているので、戦勝記念塔やチャトチャック公園などの方に宿があるわけではないの出ればわざわざ来るほどのお店でもないかともいます。

逆にアーリー周辺に宿をとっているのならば、良い選択肢だと思います。

またすぐ近くにある「Shambala」はミシュランには選ばれていないものの、レイラオと似たようなお店で、より安いけれど少し狭い。

特に気取る必要がないのならばこちらのお店もおすすめです。私もしょっちゅう行ってます。

 

以上「アーリーのタイ・イサーン料理店 Lay Lao ミシュランバンコク2018ザプレート取得店に行ってきた。」でした。

コメント