スポンサーリンク

2018年9月30日ドゥシット動物園閉館。移転予定地は洪水対策の必要があり移転日は未定。

こちらは本日2018年10月30日、バンコク市内で配布されているフリーペーパーM2Fの一面です。

なお一部、画像は自主規制でモザイクを入れています。笑

 

一面中央はเขาดิน(khǎodin, カオディン)というのはバンコクのドゥシット動物園の俗称で、この動物園が昨日で閉園したというニュースになります。

ドゥシット動物園は1938年にオープンした動物園だったため約80年営業してきたことになります。

以下、意訳。

最終日は多くの人たちが集まり、カバのマリ(タイ語でジャスミンの意)や多くの動物との別れを惜しみました。

園長によると、約120日をかけて動物をタイ国内の6つの動物園等の施設に移動させます。

現在、新たに開園するドゥシット動物園の候補地้は、パトゥムタニ県のクローンホック(คลองหก)ืにある48万平米(300ライ)の土地ですが、洪水の対策の必要がありいまだいつ開園できるかは未定。

移転予定地はざっくりこの辺↓

コメント