スポンサーリンク

「バンコク在住の大さん」について

こんにちは、タイ関係のユーチューブを投稿したりブログを書いている、バンコク在住の大(だい)です。

どういう人物か簡単に言うと、

2009年から本格的にタイのバンコクに住んでいる1980年生まれ兵庫県出身の日本人。現地採用としてバンコクで働くも、2019年にタイ人女性医師との結婚を機に退職しブログやユーチューブ、そして妻の稼ぎ(笑)等で生活中。

といった感じです。

下記はもっと細かい自己紹介です。

年齢:1980年生まれでざっくり計算して下さい。
血液型:O型
身長:175cm
体重:約65kg
出身:兵庫県姫路市。高校卒業後、神奈川にある大学に進学したため、6年くらい神奈川に住んでいた事もあります。この経験で関西弁があまり出なくなりました。

嗜好品:基本的にお酒は飲みませんし、タバコも吸いません。
病気等:花粉症(スギ・ヒノキ・ハウスダスト)。タイは花粉症がないので天国です。
趣味:運動全般。マンガ。
2021年からは本もよく読んです最近読んだ本とそのレビュー(アマゾン)
本はもっぱら読み放題のKindle Unlimitedでその時の興味の赴くまま。
聞き放題のオーディオブック・ジェーピーも移動やっています。
キンドル本の読み上げもよく聴いてます↓

アプリのアレクサで電子書籍(キンドル本)の読み上げを聴くと、インプット時間が劇的に増えたという話

英語能力:TOEICの最高得点は755点です。大した事ない点数なのでまたチャレンジしたいところです。

タイ語能力:2016年の年末に受けたタイ教育省のタイ語能力試験(Competency Test)では「リスニング4、リーディング5、ライティング4、スピーキング5」という結果でした。4は中学校レベル、5は高校生レベルだそうです。

2016年タイ教育省主催タイ語能力試験"Competency Test"の概要
タイの教育省が年一回実施している外国人向けのタイ語能力検定試験です。

運営しているサイト等

ウェブサイト:タイざんまい ニュースの原稿や雑記を投稿しているウェブサイト
ウェブサイト:タイスタディ 独学でタイ語を勉強する人を対象にしたウェブサイト
ユーチューブ:バンコク在住の大さん/タイスタディ タイのニュースや、タイ語の教材、日々の出来事、娘の育児について投稿しています。
この他アマゾンでタイ語の問題集の電子書籍も販売しています → 著書一覧

ツイッター(日本語):@daijirok_jp
ツイッター(タイ語):@daijirok_th
フェイスブック:ไดซัง だいさん Japanese in Thailand 

タイに来たきっかけ

大学3年の頃、大学の男友達と2人、シンガポール→マレーシア→タイとバックパッカー気取りで旅行しました。成田からシンガポールまで飛行機。そこから陸路でチェンライまで北上。その後バンコクまで戻ってきて飛行機で日本に戻りました。初めての海外旅行でとても新鮮でした。

海外旅行にすっかり目覚めた私は英語もほとんどできないくせに、マイレージ欲しさにニューヨークやサンフランシスコ、カナダのバンクーバー等いろいろな国に行きました。俗に言うマイレージ修行(wiki:マイレージ修行とは)です。

1ヶ月中に3度行ったニューヨークではイミグレで「お前、1ヶ月中に3度も来ておいて入国理由が”観光(Sight Seeing)”はないだろう」と3度目には別室に送られて荷物を全部開けられました。ごもっともです。そりゃ怪しいですよね。入国拒否されなくて本当に良かったです。

そんな中、再度タイを訪れた際、大学にいたタイ人の家にお邪魔して、そのまま1ヶ月近く居候してましたそのタイ人留学生の自宅は、バンコク郊外の一軒家で両親とも公務員のそれなりのお家でした。なぜ1ヶ月も居候したのか(できたのか)どうも思い出せません。しかもそのタイ人留学生は日本にいたので、私だけその留学生の家族と家にいました。

土日はいろいろなところに連れて行ってもらい、とても楽しかったという事は覚えているのですが。。。肝心の経緯はどうにも思い出せません。この辺りからタイが私の中で他の国より特別になっていきました。

その大学を中退したこともあり実家に帰りましたが、大学中退という事もありせっかくなら何か特殊な事ができるようにと思い、タイ語留学でタイに行きました。

そのままタイで就職しようかと思ったのですが、大学を中退していたためワークパーミットがとりにくい事。そして、タイで就職するには英語もできた方が有利だという事を知り、日本に帰り仕事をしながら再度大学に通い、履歴書に書くためにTOEICの勉強をして最終的に大学を卒業してタイで現地採用の仕事を探すためタイにやってきました。

幸いタイでは何度か職は変えたものの就職で特に困ることは無く、自分で何とか稼げるようになりました。

ですので、タイ語教育のためのウェブサイト「タイスタディ」を運営していますが、タイ語学科を出たとか、小さいころからタイに縁があったとかそういうわけではなく、何となくタイに縁ができて、日本にいるよりよい生活ができるかもと思って日本からタイに行ったという感じです。

ここ最近の略歴まとめ

2005年12月 IPKタイ語学校にてタイ語の勉強(2週間)
2006年1月~5月 シーナカリンウィロット大学集中タイ語講座レベル1,2
2006年5月~10月 同大学で聴講生としてタイ語を勉強
2006年11月末 日本帰国 仕事をしながら英語の勉強(TOEIC 525 → 755)

2008年10月 再度来タイ、バンコクで現地採用として人材派遣会社に就職
2009年4月 上記人材派遣会社を退職(リーマンショックで会社の経営状態が悪化したための解雇)

2009年5月 現地採用としてバンコクの日系商社に就職
2015年12月 上記バンコクの日系商社を退職
2016年5月 ブログ開始(日本語)

2016年8月 タイ語学校AAA Language Schoolで3ヶ月間勉強

2016年12月 私のタイ語のブログを見たタイ人から連絡をもらいタイの国有企業に入社
2017年3月 上記タイ国有企業を自主退社

2017年4月 以前勤めていた日系商社の方と話す機会があり、日系商社に出戻り。
2018年4月 体調を崩し上記日系商社を退職。

2018年11月 以前勤めた人材紹介会社に代表として出戻り
2019年11月 上記人材紹介会社退職し隠居。

2019年12月 タイ人女性とタイで結婚式
2020年2月 タイ人女性と入籍完了
2020年3月 ユーチューブでタイのニュース解説を開始

2020年12月 第1子(娘)が生まれました。←今ここ

ということで、ぼちぼち頑張ってます。

タイトルとURLをコピーしました