プロフィール

プロフィール

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バンコク在住の兼業ブロガーの大(だい)です。2016年12月30日更新

こんにちは!

当ブログ「大さんのブログ」をご覧きありがとうございます。著者と、このブログについて興味を持っていただきありがとうございます。このページでは著者とブログについて簡単に自己紹介させていただきます。
20160429a_ownpic600400

著者について(2016年12月30日現在)

タイ国バンコク在住9年目。兵庫県出身の日本人です。

身長:175cm

体重:約65kg(ここ10年ほど61〜64kgの間でしたが現在筋トレで増量中です。)

年齢:36歳(1980年生まれ)

血液型:O型

体脂肪:14.4%(タニタのInner Scan Dualによると、大体13〜15%のようです。)

体質:大学時代くらいから冷え性で血圧低めになった。運動神経は良い方だと思います。

食事:嫌いな物は、特になし。薄味が好み。一人でいる時に間食はしない。昔から少食。ダラダラしていると1日1食になることもある。

嗜好品:お酒は基本的に飲まない。タバコは吸わない。

病気等:花粉症(スギ・ヒノキ)。大学に入ってすぐ盲腸→腸閉塞で死にかけた。

趣味:マラソン、筋トレ、勉強(タイ語、ネット関係)、タイのテレビ(3チャンネル限定)のドラマ鑑賞

タイに来たきっかけ

大学3年の頃、大学の男友達と2人、シンガポール→マレーシア→タイとバックパッカー気取りで旅行しました。成田からシンガポールまで飛行機。そこから陸路でチェンライまで北上。その後バンコクまで戻ってきて飛行機で日本に戻りました。初めての海外旅行でとても新鮮でした。

海外旅行にすっかり目覚めた私は英語もほとんどできないくせに、マイレージ欲しさにニューヨークやサンフランシスコ、カナダのバンクーバー等いろいろな国に行きました。俗に言うマイレージ修行(wiki:マイレージ修行とは)です。1ヶ月中に3度行ったニューヨークではイミグレで「お前、1ヶ月中に3度も来ておいて入国理由が”Sight Seeing(観光)”はないだろう」と3度目には別室に送られて荷物を全部開けられました。ごもっともです。そりゃ怪しいですよね。入国拒否されなくて本当に良かったです。

そんな中、再度タイを訪れた際、大学にいたタイ人の家にお邪魔して、そのまま1ヶ月近く居候してました。そのタイ人留学生の自宅は、バンコク郊外の一軒家で両親とも公務員のそれなりのお家でした。なぜ1ヶ月も居候したのか(できたのか)どうも思い出せません。しかもそのタイ人留学生は日本にいたので、私だけその留学生の家族と家にいました。意味不明です。

土日はいろいろなところに連れて行ってもらい、とても楽しかったという事は覚えているのですが。。。肝心の経緯が「記憶にございません」です。この辺りからタイが私の中で他の国より特別になっていきました。

今ではずっと日本にいるよりタイに出て来て良かったと思ってます。タイ語も英語もそれなりにできるようになり、もともと情報工学科にいた事もありパソコン関係の知識は少しあったので、プログラミングも少しできるようになりました。とは言うもののどれもプロフェッショナルの域ではないので今も日々精進してます。

ここ最近の略歴まとめ

2005年12月 IPKタイ語学校にてタイ語の勉強(2週間)
2006年1月~5月 シーナカリンウィロット大学集中タイ語講座レベル1,2
2006年5月~10月 同大学で聴講生としてタイ語を勉強
2006年11月末 日本帰国 仕事をしながら英語の勉強(TOEIC 525 → 755)

2008年10月 再度来タイ、バンコクで現地採用として人材派遣会社に就職
2009年4月 上記人材派遣会社を解雇←経緯はそのうち書きます^^
2009年5月 現地採用としてバンコクの大手日系商社に再就職

2014年2月 ブログ開始(タイ語)
2015年12月 上記バンコクの日系大手商社を自主退職
2016年5月 ブログ開始(日本語)

2016年8月 タイ語学校AAA Language Schoolのタイ教育省タイ語能力試験対策クラスに入学
2016年12月 私のタイ語のブログを見たタイ人から連絡をもらいタイの国有企業に入社←今ここ

*バンコクでの就職の際の経緯、人材派遣会社に登録の時の話なんかもまたブログに書いていきタイと思います。
20160501a_mac 2

ブログについて

ここからはこのブログについて書いていきます。

ブログ開始のきっかけ

もともとはタイ語の練習のため、2014年11月始めたツイッター(Twitter:@daijirok_th)が発端です。それからタイ語のブログ「บล้อกของไดซัง」、フェイスブックのファンページ「ไดซัง -คนญี่ปุ่นรักเมืองไทย-」、を始め、それなりに読者もできて今現在タイ語のフェイスブック(Like約2,200)やツイッター(フォロワー約5,400)と少しずつ知名度も出てきました。

ある時タイ人のフォロワーさんから同じ内容で日本語の投稿はないのか?と質問を受けました。ある記事について友達の日本人にもみて欲しかったそうです。正直そうな需要があるとは考えてもいませんでした。随分昔に少しだけブログを書いていた事もありましたが、いつかもう一度日本語のブログを作ろうとも考えてはいました。

そんな中、ヨッセンスというブログを書かれている香川県にお住いのプロブロガー、ヨスさん(Twitter:@yossense)のツイートがリツイートで流れてきて、その中で「ブログを書く事でありえない人を呼び込みます。等々」とブログを書いた事でいろいろなつながりができたという事が書かれたていました。「確かにそうかも!等々」とツイート(QT)したところ、何と月間100万人が訪れるブログを書かれているそのヨスさんから返信をもらったのです。勢いで「じゃあ今週中に作っちゃいます」とか言っちゃいました。これはこのタイミングで始めるしかない!。という事で記事もらったその週の日曜日である2016年5月1日にブログを始める事にしました。大安でなかったのが残念ですが、まあ仕方ありません。笑

確かにタイ語のブログを始めた事で、私も今までまったく知り合えるはずのなかったタイ人と知り合う事ができました。例えば有名チャンネルのリポーターさんや、これまたテレビにレギューラー出演しているタイ人タイ語教師、作家さん、お医者さん、圧倒的なフォロワー数を誇るページの中の人、日本語が上手なタイ人、こんな方々と知り合いになれて本当にびっくりです。もっと早く始めてればよかったとさえ思ってますが、そんな事を言っても始まりません。精力的に且つコツコツと進めて行きたいと思ってます。

ちなみに、このタイ語のブログやSNSが、直近の職場である6年半現地採用で勤めた日系大手商社をやめてブロガーになった理由でもあります。勤めていた会社は他の現地採用案件と比べても特段良い給与がもらえたというわけではなかったですが、土日祝日休み、お客さんとのゴルフの費用も会社に請求でき、有給や病欠も特にうるさくなく、駐在員の方も優秀で、非常に良い職場でした。自分一人では絶対に経験できない事、経験しようとも思わなかっただろう事もいろいろ経験させていただきました。このあたり、タイでの仕事に関してもまたそのうちブログに書きたいと思います。

my_pic_Xmas_party
↑商社での現地採用時代はいろいろ経験させていただきました^^

ブログの更新はできれば毎日したいところですが、週4−5日は更新していきたいと思います。

ブログの名前

私の書いているタイ語版のブログ「บล้อกของไดซัง」(Blog Khong Daisang) をそのまま日本語にして”大さんのブログ”にいました。3日間だけ”大さんのタイわくわくブログ”という名前をつけてましたが、いい歳したオッサンがちょっと恥ずかしくなってきたので”大さんのブログ”に変更しました。

どうして自分に「さん」をつけるのかって事ですが、これは日系企業に勤めるタイ人が自分の事をさん付けする事に由来しています。はじめはちょっとふざけた感じで私も自分にさん付けしてましたが、いつの間にか普通に言うようになってました。

ブログの内容

一番多いのがタイ国バンコクでの生活の事。日本とタイの比較。また私の興味があるガジェットやランニングの話もあったりと特に決まっていません。俗に言う雑記ブログです。

タイ語ブログで一番はじめに読者を集める事ができた記事がケータイアプリ”ねこあつめ”の記事で、味をしめてなんども”ねこあつめ”の記事を書きました。当時このアプリは日本語にしか対応してなかったので、日本語ができないけど猫が好きなタイ人は細かいところがよくわからないのに、このゲームをしていたりなんて人がけっこういました。タイ人の中には私がねこあつめのアプリ開発者だと思って連絡をくれる人までいたほどです。笑

最近は図書館巡りやコワーキングスペース巡りが楽しくてその手の話題が増えています。

補足

ご連絡はお問い合わせ欄か、ツイッター(@daijirok_jp)からお願いいたいします。誰からのDMでも受け取れるようにしてあります。

記事依頼も歓迎ですが基本的に無料では書きませんのでご了承いただけますようお願い致します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする