スポンサーリンク

中華街ヤワラートの料理店「Nai Ek Rolled Noodles」 ミシュランバンコク2018ザプレート取得店に行ってきた。

先日(2018年10月)、ミシュランバンコク2018でThe Plate(ザプレート)という「調査員のおすすめ」を取得している中華街の料理店Nai Ek Rolled Noodles(ナーイ エック ロールド ヌードル)に行ってきました。

1960年に中国よりタイに移り住んで屋台のお店を開き、1989年から今の場所で営業をしているんだそうです。

その他ミシュランバンコク2018のお店はこちらを見てね↓

「項目別」バンコクのミシュランガイド2018掲載店舗の地図を作りました。アテンド時の話のネタにどうぞ!
なんと、屋台も掲載されているので低予算でも安心です。もちろん高級店もたくさんあります。
スポンサーリンク

お店に到着

↑日曜日の10時半に到着しました。席は9割がた、埋まっていました。

初めて行きましたが、中華街という激戦区ながらお昼前からかなり地元お客さんが入っており繁盛しているのが良く分かる感じでした。

 

↑注文したのはS1の Roll Noodles Soup (ก๋วยจั๊บ: グワイジャップ,)の一番小さな50バーツの物です。

初めてですし、お店の名前にもなっているRoll Noodlesを試してみようという事です。

ご飯ものも結構豊富ですが、みんなでシェアする料理というより基本一人一つ注文して完結するお店のようです。

 

↑注文すると1分もたたずに出てきました。入っていたトンカツみたいなものが意外とボリューミー。

 

↑頼んだらすぐに出てきました。米でできた丸まったラビオリみたいな感じでしょうか。確かにRolledです。

さて、お味の程ですが、、、、何か塩辛かったです。私は何も調味料足してなかったんですが、、。なんでかな。

いやいやみんな普通においしそうに食べてますけど、、。なんでだろう?

また今度リベンジしてみます。

 

食後は甘いものでも

お店のすぐ隣に甘味を出すお店があったのではしごしてみました。

↑このピンクの服が隣の甘味のお店の店員さんです。

 

↑メニューはこんな感じ。

 

↑Black Bean(20バーツ)を頼んでみました。あったかいお茶が無料でついてくるのは中華街ならではです。

ブラックビーン。要するに小豆を似たものなんですが、甘そうに見えてかなり甘さ控えめでしかも温かかったです。タイの冷たくて甘いものを想定して注文したので、ちょっと残念な結果に。

なんかヌードルも甘味もちょっと残念な感じになってしまいました。

 

↑ちなみに13時半ごろお店の前を通りかかったときは順番待ちで列ができていました。

 

営業時間などの基本情報と地図、行き方の解説

MRTフアランポーン駅より900m徒歩約12分。

店名(英語) Nai-Ek Rolled Noodles
店名(タイ語) ร้านก๋วยจั๊บนายเอ็ก ตำรับแต้จิ๋ว
住所(英語) 442 ถนน เยาวราช แขวง สัมพันธวงศ์ เขต สัมพันธวงศ์ กรุงเทพมหานคร 10100
住所(タイ語) 442 Yaowarat Rd, Khwaeng Samphanthawong, Khet Samphanthawong, Krung Thep Maha Nakhon 10100
ウェブサイト https://www.karmakamet.co.th/
電話番号 02 226 4651
営業時間 07:30-25:30(毎日営業)

地図(グーグルマップ)

まとめ

ミシュランバンコクのおすすめ店なのにどういうわけか注文したロールヌードルは塩辛く、残念ながら私としてはおすすめできるお店ではありませんでした。

また機会があればリベンジしてみようと思います。

それにしても朝から深夜までという営業時間には驚きです。

以上「中華街ヤワラートの料理店「Nai Ek Rolled Noodles」 ミシュランバンコク2018ザプレート取得店に行ってきた。」でした。

コメント