スポンサーリンク
ニュースの目次

2020年3月23日タイの朝のニュースを日本語に翻訳して解説してみた。コロナ感染の状況、各省庁からのお知らせ、タイの出来事、ネットで拡散された情報、等「メモ書き」

ユーチューブで解説する際のメモを文字にしたものですので、あまり丁寧には書きません。

動画の内容は、毎朝タイの民放3チャンネルのニュース(5:30-8:00のニュース)を見て、タイ語の勉強のため、且つ情報共有のため公開しています。

動画ですが、映像には目次が書いてあるだけで、ラジオのようにお使いいただけます。

 

スポンサーリンク

ラーマ10世による寄付

タイの現国王、ラーマ10世が人工呼吸器100機と様々な医療器具を様々な病院に寄付されました。

 

最新のコロナ情報

こちらは3月22日、昨日の21時時点でのタイ保健省の情報です。

タイ国内の感染者数は411名から188名増えて合計599名となりました。昨日の増加数の89名がこれまでの最大の増加数でしたが、また最大の増加数を更新しました。

新規感染者188名は3つのグループに分けられています。

グループ1 感染者と接触があった人 もしくは特定の場所で集団感染があって感染した人 合計65名

内訳は、、
ムエタイスタジアム21名
娯楽施設5名
感染者との接触37名
マレーシアの宗教イベント2名

グループ2 新しい経路からの感染した人 合計15名

内訳は、、
外国からの渡航者帰国者8名(外国人2名、タイ人6名)
多くの人が集まる所、外国人と接する所で仕事をしている者7名

グループ3 感染経路確認中108名 (元々はグループ2に入っていたが別グループになりました。)

感染者全体の状況

回復52名(44+8)
重症7名
死亡1名
感染の可能性があり経過観察中 10,925名(昨日の朝より582人増加)
感染の可能性があり病院で療養中 4353名 (3773名から580名増えた)

他国の状況

この他、イタリア、スペイン、フランスで多くの感染者や死者が出ているという状況、シンガポールが外国人の入国制限を始めた。全世界での感染者と死者数の状況をつたえる。

 

政府機関による発表3件

1内務省

内務省(กระทรวงมหาดไทย)チャッチャイ大臣から、内務省は全ての県知事に緊急の指示書を発行した。コロナ感染に対する調査をより厳重に行う事と、コロナ感染の可能性があるものに対して一時的な外出の制限を行う権利を委任する。

2財務省

財務省(กระทรวงการคลัง)、タイ国中央銀行、証券取引監視委員会が1兆ิバーツ(1,000,000,000,000:1テラバーツ)の資金注入を行う事を決定した。

これは金融市場、金融システムにこれから起こる問題を防ぎの安定化を図るためです。

1.債券の投資信託 タイ商業銀行(SCB)を通して投資信託
2.民間の債券 700億バーツから1000億バーツからの資金注入
3.国の債券  国債市場の資金注入

の3つに資金注入を行います。

ちなみに2020年のタイの国家予算が3.2兆バーツという事ですので、巨額の資金注入という事になります。

 

3政府による失業者支援

政府が新型コロナウイルスの影響により失業した者、仕事を行えない者、仕事がない者、自由業、行商人、屋台の運営をしている者への援助を準備しています。

首相府政治部のゴープサック副事務局長กอบศัก 以前国民に2000バーツを支給するという政策を発表しましたが、これには多くのグループから反対をうけました。しかしこの度のコロナウイルスの感染拡大で新たに試算したところ2千バーツでは足りないという理解をしています。政府は国民に、より大きな援助をしなければならないと考えています。

コロナ拡散により通常の仕事ができず収入が無くなり、返済に影響が出ているため利息条件の緩和という対策も考えている。3月の最終週の内閣で審議をします。

 

コロナ関連の出来事

1帰省ラッシュ

モーチットの北バスターミナルに、バンコク都内の、主にデパートで雇用されていた人々が帰省のために大勢押しかけ混雑しました。

バンコク都知事が商業施設の12日間閉鎖を発表して、昨日22日から実行されていますが、この発表により、失業者や休職者が多く発生しており、もしこのままバンコクに居ても生きていけないという事で帰省をする人が大勢出てきています。

これにより感染の拡大が懸念されています。

タイ保健省からは、帰省者に対して、人との接触を避けて経過観察すること。また、バンコクやその周辺に住んで帰省を考えている人に対して、もし家族が大事ならまだ帰省はしないようにと呼びかけました。

2国境

ターク県、スコータイの西に隣接している県にある、タイとミャンマーの国境のメ―ソートแม่สอด では約1万人ミャンマー人がミャンマーへの帰国ができずに立往生しているタイ北部チェンライ県のミャンマーとの国境メーサーイแม่สาย こちらもミャンマー1千人が帰国できずに立ち往生していています。 現在物流のみ越境が可能です。

 

3海岸で食事

チョンブリー県のチョンブリー市セーンスック群ตำบลแสนสุข(パタヤ、レムチャバンのまだ北側)海岸に多くの人が集まって屋外で食事をしているという事で、セーンスック群の群長が自身のフェイスブックに公共の場所に集まらない事と、このような集まりがまだあるようなら警察により一時的に道路を封鎖して貰うという対応をしなくてはならなくなると協力を求めました。

4レストラン内での食事で逮捕

ノンタブリ―県のノンタブリ―市のレストランでお客を店内で食事させたとして、レストランの責任者ผู้ดูแลร้านが逮捕されました。現在違反者は懲役1年以下もしくは10万バーツ以下の罰金もしくはその併科となっておりこれに従い処罰されるという事です。

5芸能人

イケメン俳優のマティウさん、と奥さんのリディアさん、リディアさんICUに5日間おりましたが、現在は熱も下がり普通の病室に移りました。お医者さんや看護師さんは非常に頑張って仕事を察れているので、みんなで応援してほしい。また、不要な外出を控えて家にいるよう協力してほしい。

 

女優のニチャパットさん(แพรวาさん)入院3日目に、インスタグラムに動画を投稿しています。

検査の4日後に医師から電話で新型コロナの感染が報告されでいます。なぜ医師は検査した日にニチャパットさんを隔離しなかったのかという事ですが、検査をした日に新型コロナでないかという推測は示唆されていたそうです。なので医師の非難はしないでほしい。医師や看護師は非常に頑張ってくれているので皆で応援してほしいと投稿しています。

タイムラインに載せた滞在先のお店への援助はする。今日の体調は元気があるという話でした。見た感じやはり少し疲れているような感じに見受けられましたが。

 

もう一名新たに、俳優のウティポンさんの感染が分かりました。自身のFBに動画を投稿するとともに3月6日からの行動をFBに記載して投稿しています。

 

大きく拡散された投稿情報2件

イタリアの新型コロナウイルスは強力?

タイ人マヌーン医師が自身のフェイスブックに投稿しています。イタリアの新型コロナウイルスはアジアの国々で見るようなものより強力なウイルスではないのか?

ムエタイスタジアムでの感染は、イタリア旅行した人がイタリアで感染し、帰国後、彼から自身の父親に感染。この父親がムエタイスタジアムへ行ったことで集団感染がおこったと考えられています。

ムエタイスタジアムでの感染者が軒並み重症化している事を考えると、イタリアのように感染が広がる可能性もあるのではないか。

イタリアは高齢者が多いため死者が多いという事ですが、同様に高齢者がおおい日本ではイタリア程病気が広がっていません。これはウイルスに違いがあるのではないかという推測です。

もう一つの集団感染であるトンローのパブでの感染は病状が比較的軽くなっています。

バンコク都知事の対応に批判

チュラロンコン大学の(化学学科)ジェットサダー准教授は自身のFBに、バンコク知事の対応に批判を投稿しています。

バンコクのいろいろな施設を一度に一時閉鎖したら、従業員が帰省するのは当たり前。

帰省先にはお年寄りがおり余計に危険である。ムエタイスタジアムやイベント施設などの人角に集まる施設の閉鎖は賛成するが、閉鎖する施設を発表する前にもっと検討すべきではなかったのか。公務員は休みになっても給与がもらえるが、そのような仕事についていない人も多いのです。

 

その他3件

CPオールが従業員募集

セブンイレブンを経営している企業が、セブンイレブンのデリバリー事業の従業員を2万人募集しています。興味のある方は連絡してほしい。

PM2.5

チェンマイ、チェンライ、メホンソンの大気汚染が深刻です。山火事が原因で、PM2.5は172㎍立法メートル当たり、と高い数値が記録されています。これは現在北部で起こっている山火事が原因です。

つい先ほど私も携帯のアプリで確認してみましたが、150㎍立法メートルを超える高い数値が表示されていました。

夏の嵐

東北地方(イサーン地方)で夏の嵐。多くの家屋に被害。少なくとも12棟。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました