スポンサーリンク
タイのニュース

4 新型コロナ禍で、不動産値下がり。コンドミニアムやタウンハウス、一軒家の動向。

この記事はユーチューチャンネル「バンコク在住の大さん」にほぼ毎日投稿している「タイのニュース紹介」の原稿です。

動画内で私が行っている事を再度確認したい方、及び自分で検索するため、例えば、以前確かあんなこと言ってたけどいつの動画だったかな?みたいな事が起こってきたので、ブログに掲載する事にしました。

動画内で読むための文章をそのまま張り付けているので、読みにくいところ、誤字脱字もたくさんあると思いますが直してないのでご了承ください。

DDプロパティのガモンパット常任理事は、新型コロナ感染拡大による不動産の価格に関して、5回連続で四半期の不動産平均価格が下がっており、第一四半期は去年と比べコンドミニアムは6%値下がり、タウンハウスは2%、しかし一軒家は2%値上がりしています。

 

地区ごとの土地の価格に関しては、最も値上がりしたのはเขตพื้นที่ป้อมปราบศัตรูพ่าย(MBKと王宮の間くらいの場所) で 23%値上がり、

この他、ディンデーンดินแดง、チャトチャックจตุจักร、บางคอแหลมが続いています。

 

最も値下がりしたのはคันนายาว(ミンブリの近く)で24%の値下がり。

このほか、バンカピบางกะปิ、バーンボーンบางบอน、バンコクヤイบางกอกใหญ่、バンナーบางนาが値下がりしています。

新築物件の建設プロジェクトは発表数が減少しており、コンドミニアムで10%、タウンハウスで4%、一軒家で3%下がっています。

 

この日の他のニュースやニュース解説動画、私の感想はこちらにあります。何かコメントがある時はユーチューブ動画のコメントに書いていただければと思います。↓
https://daijirok-jp.com/20200603_mokuji/

元になったニュースはこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました