スポンサーリンク
タイのニュース

4 新型コロナ禍で、不動産値下がり。コンドミニアムやタウンハウス、一軒家の動向。

DDプロパティのガモンパット常任理事は、新型コロナ感染拡大による不動産の価格に関して、5回連続で四半期の不動産平均価格が下がっており、第一四半期は去年と比べコンドミニアムは6%値下がり、タウンハウスは2%、しかし一軒家は2%値上がりしています。

 

地区ごとの土地の価格に関しては、最も値上がりしたのはเขตพื้นที่ป้อมปราบศัตรูพ่าย(MBKと王宮の間くらいの場所) で 23%値上がり、

この他、ディンデーンดินแดง、チャトチャックจตุจักร、บางคอแหลมが続いています。

 

最も値下がりしたのはคันนายาว(ミンブリの近く)で24%の値下がり。

このほか、バンカピบางกะปิ、バーンボーンบางบอน、バンコクヤイบางกอกใหญ่、バンナーบางนาが値下がりしています。

新築物件の建設プロジェクトは発表数が減少しており、コンドミニアムで10%、タウンハウスで4%、一軒家で3%下がっています。

 

この日の他のニュースやニュース解説動画、私の感想はこちらにあります。何かコメントがある時はユーチューブ動画のコメントに書いていただければと思います。↓
https://daijirok-jp.com/20200603_mokuji/

元になったニュースはこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました