ポッドキャストとユーチューブどちらで配信すべきか考えてみた。
スポンサーリンク

ポッドキャストとユーチューブどちらで配信すべきか考えてみた。

20160719j_title

こんにちは、昨日は新しいユーチューブの番組を作ったので、そのお知らせをしました。ちなみに昨日アップした動画(と言っていいのか、内容は音声のみですので)はBGMつけるのを忘れてアップロードしていました。いろいろなミスが起こるものですね。こんにちはバンコク在住のダイ(@daijirok-jp)です。

こちらは昨日アップロードした動画についてのブログ記事です。

[ご連絡] 新しいタイ語の YouTube チャンネルを始めました。
今月の初め東京に行って日本語が喋れるタイ人の方と話をしてきました。とても楽しかったですし、相手の方の話がとても面白かったで...

もともとはポッドキャストの番組を作るためにわざわざ日本語が話せるタイ人にアポイントをとって会話をしました。ただポッドキャスト番組作成にあたっていろいろと話を聞いてみるとポッドキャストというものがマイナーすぎるため、「ポッドキャストとは」的な話から始めてなくてはならない事もありました。

という事で、簡単に比較してみました。

スポンサーリンク

ユーチューブ

  • 有名で多くの人が一度は観た事、聞いた事がある。
  • 基本的には動画配信のためのもの。
  • ダウンロードが基本的にできない。
  • 運営側はマネタイズが簡単

ポッドキャスト

    • 聞いた事もないというほどマイナー。特にタイでは。
    • ソフトがあれば簡単にダウンロードできて手軽に聞ける。
    • 運営側はマネタイズが難しい

比較してみて

じゃあ両方やればいいんじゃないかなとも思いましたが、そうするとユーチューブへの流入が減っちゃう事になります。上にも書いたようにポッドキャストって広告挿入が出来ずマネタイズが難しいのです。お金だけならユーチューブやニコニコ動画など広告が挿入しやすいものにした方が良いかと思います。

そもそも目的はなんだったんだろうかなんて考えると、ランニング中に手軽に聞けるポッドキャストっていいなと思って自分でも初めてみようかという事です。という事で、まあお金にはなりにくいだろうけれど、やはり配信するチャンネルが多い方が、より聞いてくれる人が多いと思うので両方やってみる事にします。

ちなみにポッドキャストって、ブログ等などの音声を置く場所まず作成してそれをiTunesに配信する事で、ポッドキャストから配信できるんですね。知りませんでした。おかげでポッドキャスト配信用のサイトも作る事になりました。で作ったのがこのサイト。

วิทยุไดซัง – คนญี่ปุ่นคุยกับคนไทยที่พูดญี่ปุ่นได้ | อัพเดตการสนทนาทุกวันจันทร์ครับ

このサイトに音声を投稿すればそれがそのままポッドキャストに配信されます。ユーチューブはユーチューブのサーバーに保存されますが、この辺りも違うんですね。

先ほどITunesに申請を出しました。問題なければ数日でAppleから返信があるそうです。

ただちょっと心配なのはiTunes(ポッドキャスト)って国の設定があるようなんですが、果たして私の作成したものがちゃんとタイになっているのかが良く分かりません。

という事で、近々ポッドキャストも始められそうです。

ちなみに、ポッドキャストの設定は下記のサイトがとても分かりやすく、その通りにするだけでうまくいきましたので、こちらにリンクを貼っておきます。

ご興味ありましたら是非見てみてください。では。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ラインスタンプ
⚫️ ラインスタンプの販売をしています。宜しくお願いします。^^
line_sticker_daily

クマのブルー 楽しい日常生活 日本語タイ語 日本語が少しわかる、または興味が有るタイ人とのコミュニケーション用に使えるものになっています。全て日本語タイ語併記です。

line_sticker_business

クマのブルー 楽しい職場(日本語タイ語) タイ人のお客さんやサプライヤさんに、気軽に送れるようなスタンプだと思います。全て日本語タイ語併記です。