スポンサーリンク

バンコクのジェーンワタナにある総合庁舎への行き方まとめ。Government Complexの入国管理局へ行こう。滞在延長・VISA延長に便利。

ビザの延長やビザなし滞在延長、その他にも駐在員や駐妻さん以外でバンコクに住んでいる場合、VISA関係でジェーンワタナの総合庁舎にはお世話になる事が多いと思います。

私もなんだかんだでちょくちょく行く機会があるので、今日はこの総合庁舎までの行き方についてまとめました。

初めて行く人の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

行き方3選

バス(戦勝記念塔発の166番)最安!おすすめ!

BTSビクトリーモニュメント駅北側の戦勝記念塔ロータリー発着のバスです。総合庁舎敷地内のビルディングAとBに停車してくれるのでとても便利です。

エアコンバスなら18バーツ、エアコンなしのバスならです。

便数が少ないので待たされます。特に総合庁舎から戦勝記念塔のバス停に戻る時はかなり待たされます。

ロケーションアプリ「VIA BUS」にも対応したのでとても便利になりました。

バンコク市内からジェーンワタナ総合庁舎のイミグレへ行くなら戦勝記念塔発の166番バスがおすすめで最安。行き方を解説するよ。
...

バス(モーチット発の52番)

BTSモーチット又は地下鉄MRTチャトチャック公園すぐそばのバス停発着のバスです。上記166番バスよりは便数が多いものの、総合庁舎の敷地内には入らず敷地手前で停車します。

バス停から入国管理局があるビルディングBまでは15分くらい歩く必要があり日中は結構疲れます。モーターサイも走っていますが余分に20か30バーツかかります(乗る場所により値段が違います)。

結婚ビザや卒業証明の取得でタイ外務省領事局へ行くのであればこのバスでも問題ありません。

まずモーチットまで行ってバスがなかなか来そうにないならタクシーを使うという手も使えます。

残念ながらロケーションアプリ「VIA BUS」には対応していません。

モーチットからチェーンワタナのイミグレに52番バスで行ってみた。行き方解説。
...

タクシーらくちん簡単!

どうせBTSに乗るならモーチット駅、地下鉄に乗るならチャトチャック公園駅かパホンヨーティン駅でタクシーに乗るのが良いでしょう。

おすすめなのはBTSモーチットかMRTチャトチャック公園を出て、念のため52番のバスがいない事を確認してからタクシーに乗るのが良いでしょう。

タクシーは上記写真のように公園がある方で乗りましょう。52番バスもこのあたりに泊まってます。反対側でタクシーに乗ると結局ユーターンしてこないといけないので、お金と時間の無駄になります。

運よくバスが着ていたらタクシーよりもずいぶんお安く総合庁舎前にたどり着けます。

このあたりからタクシーに乗るのが総合庁舎にできるだけ近くて高速道路への乗り口も近いため、早く楽に総合庁舎に到着できます。

下道は込む事が多いので結局時間とお金がかかるので、高速道路を使う事をお勧めします。

込み具合にもよりますがタクシー代は150-300バーツくらいかかります。

特に夕方帰りのタクシーに乗る事になると激混みで300バーツ近くかかります。特に混んでなければ200バーツかかりません。

 

 

地図(グーグルマップ)

こちらの赤いマークが

  • 総合庁舎内のイミグレーション(入国管理局)
  • BTSビクトリーモニュメント(戦勝記念塔)
  • BTSモーチット(MRTチャトチャック公園)

のそれぞれの場所になります↓

 

注意事項

バンコクの総合庁舎、入国管理局は8:30より受付を開始します。

非常に込み合いますし、帰りが遅くなると非常に渋滞しますのでできるだけ朝早い時間に到着するよう、朝早く出発することをお勧めします。

 

まとめ

おすすめは戦勝記念塔ロータリー発の166番バスですが、朝起きれなかったりした場合は多少お金を払ってでもタクシーで早々に総合庁舎に行ってしまうのも良いかもしれません。

時は金なりタイムイズマネーです。

受付が遅くなり、帰りが遅くなると渋滞に巻き込まれてかなり疲れます。

以上「バンコクのジェーンワタナにある総合庁舎への行き方まとめ。Government Complexの入国管理局へ行こう。」でした。

コメント