ジェーンワタナのイミグレへは戦勝記念塔発166番バスが最安
スポンサーリンク

ジェーンワタナのイミグレへは戦勝記念塔発166番バスが最安

20161129j_government_complex_bus_1

先日はジェーンワタナの総合庁舎に行く予定でバスに乗りましたが、間違えてクレット島(のそば)経由ムアントンタニー行きのバスに乗りました。

こんにちは、バンコク在住のダイ(@daijirok-jp)です。

その際はクレット島入り口のパークレットまであまりに早くついたので、今度クレット島まで小旅行しようと思えたので要らぬ収穫はあったわけですが、、、

タイのクレット島は戦勝記念塔から166番バスで行くのがおすすめ
本日思いがけずクレット島近くまで行く事になったのでブログに残しておこうと思います。 こんにちは、バンコク在住...

今日はきちんとジェーンワタナの総合庁舎(ガバメントコンプレックス)行きの166番バスに乗る事ができたので、ブログに書き残しておこうと思います。

スポンサーリンク

166番バスの利点

とにかく安い

エアコンバスで18Bでした。エアコンなしの窓が空いている赤いバスには無料で走るものもあります。高速利用にもかかわらずこの値段なのです。

高速利用のためバスに乗った後は早い

戦勝記念塔まではBTSで行けば渋滞知らずですし、バスも戦勝記念塔のロータリーを出てすぐに高速道路に上がるため非常にスピーディーに移動ができます。

イミグレがあるビルの目の前まで行ってくれる

イミグレがあるのは総合庁舎内のビルディングBという建物です。総合庁舎にはこの他にもビルディングAもありマラソン大会が行われるほど広い敷地なので、敷地内を歩くのは結構疲れます。バイクタクシーも敷地内を走っています。

モーチット駅から出る52番のバスもイミグレがある総合庁舎まで行ってくれますが、広い総合庁舎の中には入ってくれず総合庁舎入り口前の道路(ジェーンワタナ通り)までしか行ってくれないため、そこからバイクタクシーに乗るか、15分ほど歩く必要があります。

欠点・注意点

166番バスには2種類ある

166番バスにはクレット島前経由ムアントンター行きと、ジェーンワタナ総合庁舎行きの2種類のバスが存在します。

総合庁舎行きは乗り場所が違う事、バスの乗り口横にピンク(肌色?)のステッカーで総合庁舎行きと記載があります。

高速利用にもかかわらずこの値段なのです。

↑ こちらが総合庁舎行きのバス。タイ語のみです。

クレット島前経由の方は黄色いステッカーでPak Kret 経由Muang Tong Tani 行きと記載があります。

20161128j_kret_bus_15

↑ クレット島へはこちらのバス利用がオススメ

本数が少ない

上記パーク・クレット(Pak Kret, ปากเกร็ด)経由ムアントンタニー行きは5分-10分に一本と高頻度で運行しているにもかかわらず、総合庁舎行は30分に一本ほどしか運行していません。

166番バスの乗り場(戦勝記念塔)

戦勝記念塔(アヌサワリーチャイ/ビクトリーモニュメント)があるロータリーのバス乗り場にあります。バスの通り道が2つありますが、166番のジェーンワタナの総合庁舎へ行くバスは戦勝記念塔のあるロータリー外側にのみやって来ます。

下記の写真の赤い矢印の方です。

20161128j_kret_bus_011

行き方詳細

20161128j_kret_bus_017

↑ BTSの駅を降りたらExit3がある方の改札を出ます。

20161128j_kret_bus_14

↑ Exit3の階段を降りずに、まっすぐ高架の上を進みます。

20161128j_kret_bus_10

↑ まっすぐ進むと戦勝記念塔が正面に見えますので、T字路を左に進みます。

20161128j_kret_bus_6

↑ 階段を降り、そのまま戦勝記念塔を右手に見ながら進みます。

20161128j_kret_bus_7

↑ そのまま進むと屋根付きの陸橋が見えますので、上ります。

20161128j_kret_bus_4

↑ 陸橋の上からは停留所も見えて来ますので、そちらを目指して下さい。

20161128j_kret_bus_5

↑ 付近にはコンビニやミニショップがたくさんあるので、飲み物を買っておくのも良いでしょう。

20161129j_government_complex_bus_5

↑ 166番のバスがやってきました。便数が少ないため多くの人が待っており、人が群がります。

20161128j_kret_bus_12

↑ バスに乗るとすぐに高速道路に乗ります。この乗り口辺りから辺りで車掌さんが集金が始まります。

バスの降り場。(ビルディングB)

総合庁舎に入ってからまずビルディングAに行きます。その後ビルディングBに行きますので、間違えないようにしましょう。

20161129j_government_complex_bus_6

↑ 合同庁舎内の地図。

このビルディングBの正面にバスが止まりますので、そこでおりましょう。ちなみにビルディングAも外観は似ていますので、注意しましょう。

20161129j_government_complex_bus_2

↑ ビルディングBの外観

タイ語だとアーカーン・ビー(อาคาร B)となります。

20161129j_government_complex_bus_3

↑ ビルディングBの正面入り口。大きくBと表記してあります。

まとめ

本数が少ないのでオススメとは言い切れないのですが、時間があってとにかく安く済ませたい人には、この166番バスが最適です。うまくいけば往復交通費0バーツで往復できます。

ちなみに、安く済ませたいからと行ってエアコンバスを乗り過ごすのの得策ではありません。次のバスまで随分待つ必要がありますし、次がエアコンなしの赤バスだとは限りません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ラインスタンプ
⚫️ ラインスタンプの販売をしています。宜しくお願いします。^^
line_sticker_daily

クマのブルー 楽しい日常生活 日本語タイ語 日本語が少しわかる、または興味が有るタイ人とのコミュニケーション用に使えるものになっています。全て日本語タイ語併記です。

line_sticker_business

クマのブルー 楽しい職場(日本語タイ語) タイ人のお客さんやサプライヤさんに、気軽に送れるようなスタンプだと思います。全て日本語タイ語併記です。