スポンサーリンク

バンコクで私が行ってる散髪屋(美容院)のアクル(AKRU)を紹介。日本人男性も気兼ねなく入れるよ。

バンコクに住んでいてこれまでいろんな散髪屋、理髪店、美容院に行きましたが、最近はもっぱら100バーツカット(実際には140バーツ)か、今回紹介する美容院アクル(AKRU)のどちらかです。

今回はアクル(AKRU)を紹介しておきます。

バンコクに少なくとも3店舗(アソーク、ルンピニ、チットロム)あるようです。

私がよく行くチットロム店は日本人がいないので知りませんでしたが、お店は日本人経営なんだそうです。

確かに連休前の営業日案内の張り紙に毎回正しい日本語が書いてあります。

 

スポンサーリンク

アクル(Akru Beauty Salon)

アクル(Akru)が入居しているBTSチットロム直結のショッピングモール「マーキュリービラ(Mercury Villa)」。

かなり奇抜な赤で目立つ建物。1回にはスターバックスもあるよ。

 

こちらがお店、入り口の写真。美容院なので私のような「おっさん」は少し入りにくいかもしれない。

事実、私は初め、ちょっと入りにくかった。もう慣れたけど。

入るとすぐに受付カウンターがあるのでตัดผม(タットポム、Tat Phom)というと大丈夫です。発音に自信がなければハサミで紙を切るジェスチャーで大丈夫。

この時点で店員さんが聞いてくるのは「なじみの美容師はいますか?」という事。

私の場合はいないのでไม่มี(マイミー、mai mii)と答えます。

荷物はロッカーがあるので多分、大丈夫。

 

受付を済ませると洗面台に連れて行ってくれます。

この洗面台にあおむけで寝転んでると紙を洗ってくれます。

最高に気持ち良い。

ちょっとしたマッサージもしてくれます。

 

こちらは散発するときに座る椅子。全部で8セットあります。

お店は2階にあって窓もあるので明るいです。

 

髪を切ってもらっている様子。どんなヘアスタイルにするかはいつもネットで検索して出てきたメンズヘアカタログの写真を見せて、「これにしてくれ」とお願いしてます。

タイ語ができたとしてもこれが確実だと思います。

髪切ってる時は毎回持っていくアイパッドで日本の漫画見ているかテレビ見てます。

お店には最新ではないながらも日本の雑誌も少しだけあるみたいです。

 

 

100バーツカットだと、散髪が終わった後、掃除機を頭につけられて切った髪を吸い込んで終わりですが、美容室なのでそんな事はもちろんやりませんし、ちょっとしたマッサージがついてきたりします。

100バーツカットはとにかく髪切るだけなんですが、美容室はちょっとしたリラックス空間なんですね。髪切った後は無料で整髪剤をつけてセットしてくれたりもするのでそのままショッピングに行けます。

というか比較の対象が100バーツカットなのがなんか申し訳ないです。

 

値段

500バーツ(1,600円くらい)です。

2年くらい前(2016年)は400バーツだったはずなんですが、いつの間にか値上げしてました。

なお美容師を指名すると指名料100バーツがかかるようです。

チップは特に渡していません。。。

みんなは渡しているのかな?

 

営業時間などの基本情報と地図、行き方の解説

 

BTSチットロムのExit4から直結のMercury Villaの2階にあります。連絡橋からMercury Villaに入ると3階なので一つ下のフロアに降りれば良いです。

店名(英語) Fujifilm Wonder Photo Shop by Big Camera (Central World)
住所(英語) 4th Floor Central World, Rajdamri Road,, Khwaeng Pathum Wan, Khet Pathum Wan, Bangkok 10330
電話番号 02-646-1034
ウェブサイト https://www.facebook.com/wpsthai/
営業時間 毎日営業

地図(グーグルマップ)

 

まとめ

日本人男性だと自分で切る人や100バーツカット、もしくはプロンポン周辺の日本人向け理髪店に行く人が多いようですが、アクル(Akru)もおすすめです。

もっと安いたくさんお店はありますが、このクラスの美容室は日本だと3倍くらいの値段がすると思いますのでそう考えたらお得かと思います。

以上「バンコクで私が行ってる散髪屋(美容院)のアクル(AKRU)を紹介。日本人男性も気兼ねなく入れるよ。」でした。

コメント