スポンサーリンク

タイのムクダハンからラオスのサワンナケートまで行き方。国際バスで行こう。

2019年10月にバンコクからムクダハンまで夜行バスで移動しました。

出発が遅れたこともあり朝9時ごろに到着したのですが、そのムクダハンのバスターミナルからサワンナケートのバスターミナルまでの移動方法について解説します。

まずはムクダハンのバスターミナルから国際バスに乗ります。基本的にコレ一択です。

2019年10月現在ムクダハン側イミグレととサワンナケート側イミグレ間のみを往復するバスはありません。ただしバスの運転手と交渉すればバスターミナル間を行き来するバスに途中で乗る事はできるかと思われます。

ムクダハンのバスターミナルに到着したらサワンナケート行のバスチケットを買いましょう。

 

スポンサーリンク

国際バスの時間表

ムクダハンのバスターミナルの切符売り場にて↓

始発は6時出発で、最終は19時出発。料金は通常45バーツ(150円)ですが、06:00 – 08:00, 12:00 – 13:00, 16:30 – 22:00 は時間外手数料が5バーツかかります。

 

インターナショナルバスの時刻表が掲げられているすぐ下の窓口でチケットが購入できます。

 

移動の流れ

 

  1. ムクダハンのバスターミナル出発。
  2. タイ側のイミグレ前に停車するので下車する。
  3. タイのイミグレで出国手続きを済ませる。
  4. タイ出国を終わらせそのまま進むと、先ほどのバスが先回りしているので同じバスに乗る。この際ムクダハンのバスターミナルで購入したチケットを運転手に渡します。
    (バスが先に出発してしまっている場合は、次のバスが来るのを待つ。)
  5. ラオス側イミグレ前で停車するので下車する。
  6. ラオスの入国手続きを済ませる。
  7. そのまま進むとバスが先回りして待ってくれているので再度同じバスに乗る。
    (バスが先に出発してしまっている場合は、次のバスを待つ。この間タクシー等が客引きにやってきます)

 

ムクダハンのバスターミナル

 

ちなみにバスが来ることを知らなかった私は、今回タクシーでサワンナケートバスターミナル近くのホテル(アバロンレジデンス2)まで移動しましたが、タクシーの言い値は200バーツで120バーツまでは値切れました。

後で教えてもらいましたが、トゥクトゥクであれば50から100バーツで行ってくれるそうです。

注:上記はすべて2019年10月時点での情報となります。

 

ムクダハンバスターミナルの地図

 

 

以上、「タイのムクダハンからラオスのサワンナケートまで行き方。国際バスで行こう。」でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました