スポンサーリンク
タイのニュース

2-4 株と為替と金の値動き。出来高一位はCPALL。金は売買差額が縮小

この記事はユーチューチャンネル「バンコク在住の大さん」にほぼ毎日投稿している「タイのニュース紹介」の原稿です。

動画内で私が行っている事を再度確認したい方、及び自分で検索するため、例えば、以前確かあんなこと言ってたけどいつの動画だったかな?みたいな事が起こってきたので、ブログに掲載する事にしました。

動画内で読むための文章をそのまま張り付けているので、読みにくいところ、誤字脱字もたくさんあると思いますが直してないのでご了承ください。

昨日1日月曜日、SET指数の終値は1353.64で、前日比+10.79.、出来高は59,018MB(約2014億円)でした。

出来高上位5銘柄はCPALL、SUPER、PTTGC、PTT、KBANKとなっています。

出来高1位の、CPALLは0.35%値さがりです。

 

CPALLの正式名称は、CP ALL Public company Limitedで、コンビニエンスストアのセブンイレブンや、スーパーのマクロを運営している会社です。

チャラワノン一族という財閥が経営する、チャルーンポカパングループの会社で、CP マーチャンダイジング社が30.17%の株を持っています。

為替は、1円0.2950バーツつまり、1万円は2950バーツで、1バーツは3.39円です。

USドルは1ドル31.70バーツで、1バーツは0.032ドルとなっています。

 

金の売買は、最も一般的に取り扱われている、
金の装飾品ทองรูปพรรณ96.5%で、金1バーツ(15.2g)あたりの買値が26,529バーツ(約90,550円)、売値が26,600バーツ(約90,792円)となっています。

売買の差額が100バーツ以下になってきており、だんだんと新型コロナ前の状況に戻ってきたという事だそうです。

 

この日の他のニュースやニュース解説動画、私の感想はこちらにあります。何かコメントがある時はユーチューブ動画のコメントに書いていただければと思います。↓
https://daijirok-jp.com/20200602_mokuji/

元になったニュースはこちら↓

โควิด-19 ทุบธุรกิจโรงแรมทรุดหนัก คาดปิดตัวถาวร 10%

コメント

タイトルとURLをコピーしました