スポンサーリンク
タイのニュース

2020年7月17日。タイの朝のニュース紹介。エストニア大使館でも問題、各県で移動制限、感染者なしのカウントを中止、など。

こんにちは、タイざんまいのダイです。サワディークラップ
バンコク、アーリー地区はすがすがしいほどの快晴で雲もほとんど見られません。
アイフォンのお天気アプリを見ても終日10%程の降水確率となっています。
という事で、今日もタイの朝の民放放送を、日本語に翻訳してご紹介します。
動画内で話しているニュースは、タイの民放3チャンネルのニュースになります。

スポンサーリンク

●まずはタイ国内の新型コロナ感染状況について

感染者数の情報は昨日17日お昼ごろ行われた新型コロナ状況管理センターの定例会見で発表されたものです。

これはタイ疾病管理局กรมควบคุมโรคの発表している、昨日16日13時時点の情報と同じ数字になっています。

タイ国内の累計感染者数は3,232名から新規感染者が4名みつかり3236名となりました。

新規感染者4名の内訳ですが、、

  • 1人目と2人目はUAEアラブ首長国連邦から帰国した男性33歳と女性25歳、
  • 3人目はエジプトから帰国した留学生の男性27歳、
  • 4人目はアメリカから帰国した女性51歳となっています。全員帰国直後に政府指定の隔離施設に移送され隔離されています。

これにより昨日7月16日で52日間連続、タイ国内での感染者が、みつかっていないという事になります。

全感染者3236名の内訳は、

  • 治療中が83名、前日比+1名
  • 回復者数累計が3095名 、前日比+3名
  • 死亡者数累計が58名、前日比+0名

 

次に、日本の感染状況についてこちら7月16日0時時点の毎日新聞の情報を紹介します。

  • 感染者数累計は22,450名、前日比+369名
  • 退院者数累計は18,580名、前日比+268名
  • 死亡者数累計は984名、前日比+1名

となっています。

なお、こちらの集計は横浜港のクルーズ船での感染者は含みません。

 

新型コロナ関連ニュース

1 エストニア大使館関係者が、隔離無し入国で騒動

今朝0622

昨日16日19時頃、エストニア大使館の関係者がタイに入国しコンドミニアムが入館を拒否し問題となっています。

つい先日スーダン大使館の関係者が隔離なしでタイに入国し、そのうち1名が新型コロナウイルスに感染していた件について大きなニュースとなり、首相は大使館関係者のVIP待遇をやめるとコメントしたばかりでした。

入館を拒否したのはバンコク、スクムビット地区にあるコンドミニアム、ミレニアムレジデンスで、この物件を管理しているGPM社は、他の604室の入居者に迷惑がかかる可能性があるとして、入館を拒否しています。

大使館側はタイ入国時の感染検査の結果を見せ、また大使館の権利を主張しましたが、管理会社は最後まで入館を拒否し、最終的に22時頃大使館側は入館をあきらめ政府が指定している隔離施設のホテルに移動したという事です。

なお、この間に大使館関係者はトイレの使用を求めていますが、コンドミニアム側は建物の外にあるトイレを使用してもらっています。

なお、外務省はこれに対してコンドミニアムの管理会社が大使館関係者のホテル代を払う必要があると主張したとの事です。

 

2 ラヨーンで大規模な感染検査

今朝0640

ラヨーンで、感染リスクのある方を含め、地域の方に対して無料の感染検査を行っています。

既に1366名に対して陰性という検査結果がでているという事です。

 

3 スーダン大使館関係者に感染者なし

今朝0640

スーダン大使館の関係者である9歳の少女が新型コロナウイルスに感染していた件について、感染リスクが高いとされる家族5名とドライバーの1名の合計6名、及びリスクが低いとされる同じエレベーターを利用した16名と外務省の職員2名の合計18名は、感染検査の結果、陰性となり感染は確認されていないという事です。

このほか関係者262人が感染検査を受けていますが、こちらにも感染者は確認されていません。

4 各県が移動制限を発表

今朝0642

ナコンラチャシーマー県はバンコク及びラヨーンから来た人に対して14日間の隔離を発表。

バンコクでは、7月8日から11日までの間ラヨーンに滞在した人は、隔離施設の職員に申し出たうえで14日間の隔離を行うと発表。

宝くじで有名なルーイ県では、バンコク及びラヨーンの特定の地域に行き宝くじの販売をした、約100名について、宝くじ教会及び村長は役所に知らせる必要があり、これらの人には隔離措置を行うとしています。

5 保健省大臣補佐が観光促す

今朝0644

昨日、保健省のサーティット大臣補佐が再度ラヨーンを訪問しラヨーンが安全であるというアピールをしています。

サーティット大臣補佐はラヨーン地区の議員で、また現在ラヨーンでは観光業に大きな損害が出ているためとしています。

6 新型コロナ状況センターが感染者なしのカウント中止

今朝0646

新型コロナ状況管理センターศบคのスポークスマン、タウィーシン医師の発表です。

タウィーシン医師は、バンコクとラヨーンで起こっている2つの新型コロナ感染騒動について謝罪をしています。

また、これまで毎日、国内での感染無しが何日連続で続いているかを報告し、すでに50日以上経っているが、これが心理的に負担をかけているのではないか。

感染は未だ世界中で増えており、タイでも突然感染が起こる可能性があるとして、今後はこのようにカウントする発言は行わないとしました。

 

その他のニュース

1 今朝BTSスクムビット線が停止

今朝0602

今朝5時時点でBTSスクムビットラインのプーチャオ駅から終点のケーハ駅までが運行停止になっています。原因は説明されていません。

シーロム線やその他の駅は問題無く利用できているとの事です。

なお、こちらBTSのツイッターを先ほど確認したところ、今朝9時時点でワット・プラシー・マハータ―ト駅からベーリン駅までが未だ運行を停止しています。

2 ゴムの塊に石を入れて販売

昨日1634 https://youtu.be/WKN3cqK5RX8

チャイヤプーム県で、ゴム業界ではカップランプ、タイ語だとยางก้อนถ้วยまたはขึ้ยางと呼ばれるゴムの塊に、石が混ざっているのが確認されました。

これは重量を増やして販売価格をあげるために行われた細工で、農業協同組合は警察に被害届を提出しています。

なお、このゴムを販売したのが誰かはまだ分かっていないという事です。

3 ゴルフクラブで犬を殴打

今朝0615

ノンタブリーでカフェの前に居た野良犬をゴルフクラブで殴打している様子がお店の監視カメラに写っており問題となっています。

お店の店主は犬に対してやりすぎだ、この犬が誰かをかんだのかと注意したところ、男性は誰かがかまれるのを待てというのか?

犬もお前たちも撃ち殺すぞと答えたという事です。

店主は警察に知らせ、警察は後日事情を聞くとしています。

 

こちらは昨日の朝もニュースになっており、犬がかわいそうだという意見が大勢を占めていましたが、記者が現地に行って話を聞くとこの犬は地域の人に吠えたてるなどしておりゴルフクラブで殴打した人の気持ちも分からなくはないと養護する声も多くの人から聞かれたという事です。

たかが犬だと思うかもしれないが、実際に子供などにかみついた時いったい誰が責任を取るのかという声も出ています。

この他、犬を別の地域に連れて行った方が良いのではないかという声も出ています。

 

4 ソムキット副首相ら5名が辞職

昨日1546 https://youtu.be/4ZcqHZ2BxSw
1549 https://youtu.be/crQhpCVtUl0

昨日17日午前、ソムキット副首相ほか大臣など4名が正式に辞職願いを提出しました。

4名は記者会見を開いており、この辞職について誰からも強制せさせられたわけではない。

まだ新たな政党を作るという事は考えていない。

まずはゆっくり休むと発表しています。

なお、国民国家の力党を離職した際も今回の辞職に関しても、非常に礼儀正しくスマートに行ったという事を評価する声も聞かれています。

 

この辞職についてプラユット首相は、非常に残念だが、至急新しく大臣を任命しなければならないと語りました。

議員以外からも広く候補者を検討するとしています。

なお現在有力な候補者は

  • 副首相にトサポン氏(上記写真の左)
  • 財務省の大臣にプリディー氏(上記写真の中央)
  • エネルギー省の大臣にパイリン氏(上記写真の右)

となっています。

5 昨日バンコクで大雨

今朝0604

昨日17時頃からバンコク及びその周辺で大雨がふり、帰宅ラッシュと重なったこともあり、シーロムやアソーク、ペッブリーなど多くの幹線道路で渋滞となりました。

また、ウィパワディー通り、ジェーンワタナ通りなどで一時洪水となっています。

6 今日も全国的に雨

今朝0603

気象局กรมอุตุนิยมวิทยาからの情報です。

今日もモンスーンの影響で全国的に雨模様です。

北部、南部、バンコク及びその周辺で地域の40%に雨東部、東北部、中部で地域の60%に雨となっています。

ちなみに私がアイフォンのアプリを見る限りでは、バンコクは終日降水確率が10%程となっています。

7 水不足が深刻

今朝0608

ナコンラチャシーマーのラムセー・ダムでは貯水率が11%しかなく、ここ21年で最も少ない貯水量になっています。

またシリキット・ダムやプミポン・ダムなどの大型ダムでも同様に未だ貯水率は低いままになっているとつたえています。

こちらタイの各地のダムの水位が分かる灌漑局กรมชลประทานのホームページを見てみましたが、確かにプミポンダムもシリキットダムも水位が30%以下になっていました。

ご興味ある人もいるかと思いますので、概要欄にダムの水位が分かるウェブサイトへのリンク
を添付しておきます。

灌漑局のホームページ http://www1.rid.go.th/main/index.php/en/
地図上にダムの水位が表示されるページ http://swoc.rid.go.th/index.html

 

このニュースの動画と私の感想はこちらです。

2020年7月17日。タイの朝のニュース紹介。エストニア大使館でも問題、各県で移動制限、感染者なしのカウントを中止、など。
朝のニュースの感想。2020年7月17日分。エストニア大使館か、県の移動制限するけど観光促進、今朝BTSは長時間停止、など。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました