スポンサーリンク

月々845バーツで利用できるリージャスバンコクが作業場に良さそう

リージャスの記事トップ画像

最近はバンコクのコワーキングスペースと図書館巡りをしています。来館者が少ない穴場を見つけたりする事も多く、なかなか楽しかったりします。

こんにちは、バンコク在住のダイ(@daijirok-jp)です。

次に行く場所をネットで調べたりもするのですが、そんな中リージャス(Regus)というレンタルオフィス兼コワーキングスペースについての記事を見つけて最近気になっています。

最終的には自分で行ってレビューする予定ですが、リージャスに実際に行かれた記事を読んだのでここでも簡単に紹介しようと思います。

 

スポンサーリンク

リージャス(バンコク)とは

詳しくはウィキペディア(ウィキペディア:日本リージャス)を見ていただくとして、簡単に説明すると全世界でレンタルオフィスを展開しているイギリスの会社です。

レンタルオフィスではあるのですが、そのオフィスの共有スペース(ラウンジと呼んでいます)だけを利用できるプランがあり、これが安くてなかなか便利らしいという話です。

バンコク市内のコワーキングスペースは安くても月々3,000バーツほどしますし、スタバ等のカフェも100バーツ程はかかる上に一日中滞在するわけには行きません。

そんな中、月々845バーツ(税抜きだと790バーツ)という安さにはかなり惹かれます。

 

バンコク内のリージャスに実際に行かれた方のブログ

実際にバンコクで6ヶ月の契約をされた方の記事です。掲載してある写真が小さめながら内容自体は最も充実しているレビュー記事です。

さすが実際に契約されたためか、デスクの背が高いだとか、椅子が固めで長時間座るとお尻が痛くなるだとか、詳細まで踏み込んで内容を記載されています。

カプセル席のThink Podは閉塞感があり、あまり好きではないという印象を持たれていたのが印象的でした。

ThinkPodの写真

↑ リージャス(エムクオーティエ)のThinkPod

 

↑日本とタイのパタヤを往復されているゆーたろさんのブログです。基本的にとても良いと褒められており、バンコクで最もおすすめできるので、あまり教えたくなかったとも述べられています。写真も大き目で見やすい記事でした。

ちなみに、題名の「月790バーツ」というのは税抜き価格という事です。

あっさりした内容のレビューながら、写真が多く、サトーンスクエアだけでなく、バンコクにある他のいろいろなリージャスへ行かれた時の写真もありました。

ブログをみる限りバンコク在住というわけではなく、いろいろな国を訪問されているようです。

 

リージャスバンコクの場所

バンコク市内に10箇所以上あり、それらはだいたいオフィスビルの高層階にあります。

バンコク以外にもタイでは、バンナーやラムチャバン、プーケット、チェンマイにありますが、パタヤにはありません。

 

最後に

他の人のレビューをみて想像を膨らますのも楽しいですが、実際に行って見て自分で作業してみようと思います。

月々は安いんですが、最低6ヶ月間は契約しないといけないというのも、ちょっと引っかかります。勇み足で契約してしまうとその後、利用しないのに毎月利用料を払わなければならないという事態になりかねません。

また実際に行ってきたらレビューします。では。 行ってきたのでレビューします。↓

Regusタイの会員が実際にラウンジ利用して分かった利点欠点まとめ
...

 

コメント