24時間オープンのバンコクのコワーキングスペース「Hubba TO」に行ってきた。
スポンサーリンク

24時間オープンのバンコクのコワーキングスペース「Hubba TO」に行ってきた。

20170103j_hubbato_title

Hubbaといえばタイで初めてできたコワーキングスペースとして今でも多くのお客さんを集めていますが、そのHubbaが2016年に新しく作ったコワーキングスペースがHubba TOです。

こんにちは、バンコク在住のダイ(@daijirok-jp)です。

オープン前から気になっていたスペースですが、やっと訪問してきました。さすがHubbaがこれまでのノウハウを注力して作り上げた新しいコワーキングスペースだなという感じがして実際に行ってみて驚くことがたくさんありましたが、どうしてもHubba本店にはかなわないのではという所も見受けられました。

スポンサーリンク

お店の特色と実際に利用してみた感想

2016年12月24日土曜日の13:00-17:30に利用しました。

お店はオンヌットソイ1/1にあるので、オンヌットのBigCからモーターサイで行きました。20Bでした。ソイ1/1に入るとすぐコンドミニアムの入り口のようなゲートがありますが、Habbaに行くといえばすぐに通る事が出来ました。

Habitoモールという名前からもわかる通り、Hubbaが協力して作ったコミュニティーモールです。このHabitoがあるオンヌットソイ1/1ですが、コンドミニアム群になってり、Habitoモールのすぐ周りには新しくできたコンドミニアムがいくつか立っていておしゃれな団地のような感じです。

このコンドミニアムに住んでもらって、個人やリモートで働く人に毎日HabbaTOで仕事してもらえたら、それぞれの刺激にもなって良いんじゃない?みたいなのが狙いなのかなという風に感じました。

このHabbaTOですが、モール3階に入り口があり、入るとすぐカフェになっています。

20170103j_hubbato_3

↑ Habitoモール3階のHubbaTO入り口

20170103j_hubbato_8

↑ 3階の入り口を入ったところにはすぐカフェがあります。

入り口、入って右手すぐに上階への階段があるので、これを上がって4階へ行くとCoworkingSpaceのHabbaTOの受付になっています。

今回はTCDC Coworking VISAで予約しておいたので無料で入場です。

TCDCメンバーが使えるバンコクコワーキングビザとは?
つい先日とても便利なサービスを発見しました。その名もTCDCコワーキングビザです。 こんにちは、バンコク在住のダイ(@d...

TCDCメンバーカードを預けてHabbaTOの入場カードを受け取りました。

20170103j_hubbato_10

↑ HubbaTOの入館カード

これをスキャンすることでコワーキングスペースに出入りすることができるようになります。

20170103j_hubbato_2

↑ カードを使ってコワーキングスペースに入ったところです。右手に長いテーブルがあり、多くの場合こちらで作業する事になります。

20170103j_hubbato_1

↑ 右手に見えるビニールで仕切りがしてあるように見えるのが会議室です。正面のハイテーブルはスタンディングデスクにもなります。

コワーキングスペースと会議室の他に、3Dプリンティングを行える部屋、衣装などのデザインを行える部屋、そして陶器作成の部屋などもありました。

これらは基本的にイベントの際に使用するような感じです。

場所とアクセス

オンヌットソイ1/1です。BigCオンヌットのはす向かいくらいに1/1の入り口がありますが、入ってから川を渡ったりと少し距離があります。

プラカノン側からならソイPridi(プリディ)ソイ2を行く事も可能ですが、自家用車等でなければわかりやすいオンヌット側からのアクセスをお勧めします。

タクシーの場合はプラカノン側からの方が道が空いています。

無料シャトルバス

またオンヌット駅(Exit2のロータス前)とHabitoモールは6:30-22:30まで20分毎にシャトルバスが往復しているのでこれを利用するのも良いでしょう。

20170103j_hubbato_6

↑ HabitoモールとBTSオンヌット往復のシャトルバス

20170103j_hubbato_5

↑ シャトルバス運行の案内

営業時間

24時間年中無休という事になっていますが、年末年始は休みになっていたので、たぶんソンクランも休みになるのではと思います。

利用料金と設備

30日間利用できるメンバー料金は2,990バーツと他のバンコクのコワーキングスペースより安めの設定になっています。

この30というのは30営業日という事ではなく、休みも含めて30日間となっています。

HubbaTOの店員さんに確認したところ、このメンバーは各店舗それぞれ相互利用はできず、現状Hubbaは3店舗ありますが、例えばHubbaTOで会員になってもDiscoveryHubbaでは使えない状況になっています。メンバーシップを共通にして相互利用できるようにする事を現在検討中だそうです。

20170103j_hubbato_16

↑ メンバーの料金表。画像内右下のFIX DESKは+1,990B/monthと書いてあります。

会議室について

HubbaTOではセミナーやワークショップが頻繁に行われており、私が訪問した時も大会議室と小会議室2つで打ち合わせが行われていました。6人用の会議室が1時間449Bで、10人用が549Bです。

20170103j_hubbato_17

↑ 会議室の料金表

その他の設備

20170103j_hubbato_14

↑ キッチンは無料で利用可能です。

20170103j_hubbato_24

↑ お手洗いはHabitoモールの教養お手洗いを使う事になります。手動ウォシュレットなしです。

20170103j_hubbato_23

↑ 無料の貸し自転車もあります。

ネットスピード

3BB Speed Test というサイトで計測しました。

下りが40M、上りが5Mでした。下りは十分ですが上りは少し物足りない結果となりました。

20170103j_hubbato_11

連絡先

住所:3rd floor, Habito Mall Phra Khanong Nuea, Bangkok, Bangkok 10110, Thailand

ホームページ(Hubbaグループ共通):http://hubbathailand.com/

フェイスブックページ:https://www.facebook.com/hubbato

電話番号:02-118-0839

Facebookではイベント告知等、情報更新が頻繁に投稿されています。

まとめ

オンヌット、プラカノンにお住まいならチェックしてみる価値はあると思います。また、お金持ちならバンコクの拠点としてこのオンヌット1/1にあるコンドミニアムを買ってしまうのもおもしろそうだと思いました。

ただ、個人的には1軒屋スタイルのHubba本店の方が好きです。メンバーシップが共通利用できるようになる事に期待したいところです。

バンコクのコワーキングスペースや図書館に興味のある方には、こちらの記事もオススメです。↓

『随時更新』タイ・バンコクのコワーキングスペースまとめ
普段からパソコン作業や勉強はカフェや図書館、コワーキングスペースを利用する事が多いです。 こんにちは、バンコク在住のダイ...
『随時更新中』タイ・バンコクの図書館まとめ
無料もしくは格安で作業できる場所といえば図書館なのではないかと思います。 最近日本では図書館は本を読むところであって勉強...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ラインスタンプ
⚫️ ラインスタンプの販売をしています。宜しくお願いします。^^
line_sticker_daily

クマのブルー 楽しい日常生活 日本語タイ語 日本語が少しわかる、または興味が有るタイ人とのコミュニケーション用に使えるものになっています。全て日本語タイ語併記です。

line_sticker_business

クマのブルー 楽しい職場(日本語タイ語) タイ人のお客さんやサプライヤさんに、気軽に送れるようなスタンプだと思います。全て日本語タイ語併記です。