スポンサーリンク

バンコク市内からドンムアン空港への最速での行き方は、チャトチャック公園前からのタクシー。実際に行った時の時間と金額を説明するよ。

20161115j_taxi_mochit_donmuan_2s

タイ、バンコクの空港と言えばスワンナプーム空港とドンムアン空港です。

バンコク市内との移動に関して言えば、スワンナプーム空港はエアポートリンクという専用モノレールがありとても便利なのですが、ドンムアン空港には電車やモノレールの接続がありません。

という事でバスかタクシーでの移動となるのですが、今回はタクシーを使ってバンコク市内からドンムアン空港まで実際に移動したのでそのレポートをします。

なぜならパッキングに時間がかかり時間がなかったのです!

こんにちは、タイざんまいのダイ(@daijirok-jp)です。

ドンムアン空港とバンコク市内を結ぶエアポートリンクは現在建設中ですが、予定を大幅に遅れ2018年7月時点でまだ完成していません。

スワンナプーム空港からドンムアン空港へのエアポートリンク接続について。
...

予定では2016年とかに完成予定だったようですが、早く完成してほしいものです。

スポンサーリンク

まずはスカイトレインか地下鉄で移動

まずはスカイトレイン(BTS)であればMochit (モーチット)駅を、地下鉄(MRT)であればChatuchak Park (チャトチャック公園)駅を目指しましょう。

どちらの方法でも構いませんのでとにかく現在地から早くアクセスできる方を選んでください。

バンコク市内は渋滞で混む可能性があるので、とにかく空港に最も近い駅で高速道路への入り口も近いこの2つのどちらかの駅に移動する事をお勧めします。

この2つの駅は、ウィークエンドマーケットで有名なチャトチャック公園の目の前にあり、連結こそしていないものの非常に近くにあります。

 

BTSMRT_Mapモーチット

クリックで拡大できます。写真はBTSのホームページより

特に平日は朝の7時ー8時くらい、そして夜の17時ー21時くらいの渋滞がひどいく、最も道路が混むのは金曜日の夜です。

また、雨が降るとさらに混みます。これはバンコクに住む者にとっては良く知られている事ですので市街地からタクシーを利用される際はご注意ください。

スカイトレイン:BTSは、Bangkok Mass Transit Systemの略
地下鉄:MRTは、Metropolitan Rapid Transitの略

スカイトレインのモーチット駅・地下鉄チャトチャック公園駅に到着してから

地下鉄「Chatuchak(チャトチャック公園)」駅に到着したらExit2から地上に出ましょう。

スカイトレイン「Mpchit(モーチット)」駅に到着したらExit3から地上に降りましょう。

ここからはタクシーかバスの2択となります。

モーチットのバス乗り場小2

クリックで拡大できます。元の画像はBTSのホームページより。

バンコクのタクシーは赤やピンク、水色などとカラフルな色をしており、これはタクシー会社によって色が決まっています。そして黄色と緑の2色に分かれた色のタクシーは個人タクシーになります。

タクシーは客待ちのため順番に並んでいるので、一番前で順番待ちしているタクシーに乗ることになります。

例えば水色のタクシーが良いらしいと噂を聞いたので途中に並んでいるとクシーに乗ろうとして乗車拒否されて一番前のタクシーに乗るように言われます。

下の写真はスカイトレインの駅から撮ったものですが、写真中央付近に並んでいるカラフルな車たちが客待ちをしているタクシーです。

20161115j_taxi_mochit_donmuan_2s

↑ 左はチャトチャック公園になります。

重要なので再度書きますが、

地下鉄「Chatuchak(チャトチャック公園)」駅に到着したらExit2から地上に出ましょう。
スカイトレイン「Mpchit(モーチット)」駅に到着したらExit3から地上に降りましょう。

間違った出口から出てタクシーに乗るとUターンしないといけないのでお金も時間も余分に使う羽目になります。

タクシー乗車

最近ではメーターを使わないタクシーはそうそうい無いようですが、きちんとメーターを使ってもらいましょう。

超特急で急いでいるなら、個人的には200バーツ(800円くらい)までなら、無茶苦茶にボッタくっているわけではないので許容範囲かと思います。

タイ人の英語の発音だと、メーターではなくミーターになるので通じないときはミーターと言ってみて下さい。

タクシーに乗ったらすぐに「ミーター?」と聞きましょう。

タクシーのバックミラーのすぐ下あたりにメーターがあるはずです。

タクシーに乗ると左手に公園を見ながら北上する事になります。公園が見えなくなるとすぐに左折します。

↑ タクシーからの写真。

このあたりで、運転手から高速道路(トールウェイもしくはエクスプレスウェイ)を使うか?と聞かれると思います。

急いでいるなら迷わず高速道路を使ってもらいましょう。

そもそも時間がある人はタクシーでなくA1・A2バスに乗ればドンムアン空港まで30バーツ(約100円)なので、バスの利用をお勧めします。

何言われているか分からなかったら、とにかく急いでいて、上を指さして高速道路使ってアピールをしましょう。

空港までの高速道路の料金はタクシー料金とは別に70バーツ(約230円)です。

高速の料金所で運転手に70B支払うと、運転手がそれをそのまま料金所の人に渡して、簡単なレシートがもらえます。

高速道路を走っていると左側に建設中のエアポートリンクの駅が見も見えます。

20161115j_taxi_mochit_donmuan_4s

 

空港近くになると、ターミナル1に行くか、ターミナル2に行くかを聞かれます。

きちんと確認しておきましょう。

ちなみに2017年8月時点で、エアアジアで日本に行くためにタクシーに乗った際は、ターミナル1が国際線ターミナルでした。

ちなみにターミナル1と2は建物が繋がっているため、徒歩で移動可能です。

20161115j_taxi_mochit_donmuan_9s

 

まとめ:タクシー代と所要時間

2016年11月に乗った今回のタクシー代は122バーツ(高速代含めず)でした。130バーツ払って残りはチップとしてそのままあげました。

という事で今回のチャトチャック公園前からの移動費用は高速代の70バーツを含めると料金は200バーツ(約700円)でした。

モーチット駅発が11時34分。ドンムアン空港第1ターミナル着が11時47分だったので所要時間は13分でした。

今回は高速を使ってかつ平日の日中で車も全然空いていたので、思ったより随分早く到着しましたが、17時-22時くらいはどこでも結構混みますので多分13分では到着しませんので注意してください。

 

以上、「バンコク市内からドンムアン空港への最速での行き方は、チャトチャック公園前からのタクシー。実際に行った時の時間と金額を説明するよ。」でした。

 

 

 

 

コメント