最安は387バーツ!バンコクからサムイ島への行き方6選 バス, 電車, 飛行機?

最安は387バーツ!バンコクからサムイ島への行き方6選 バス, 電車, 飛行機?

blog_20180613_howtogo_Samui_3

先日サムイ島に行って以来、また行きたいという思いが強くなっています。

こんにちは、バンコク在住のダイ(@daijirok-jp)です。

先日のサムイ旅行はバンコクエアウェイズがスポンサーのサムイ島ハーフマラソンに参加したため、バンコクエアウェイズの直行便が片道1,500バーツ程という特別価格で予約できました。

前回は特別でしたが、では通常サムイ島へはどんな方法があって、どれくらいの費用が掛かるのか細かく調べてみました。

よろしければ旅行の参考にして下さい。

バンコクからサムイ島への移動方法6選

簡単に説明すると下記の6つで、最安は「1. 電車+バス+船」です。もちろん安いなりの理由があるわけです。

  1. 電車+バス+船
  2. 寝台電車+バス+船
  3. 国営バス+船
  4. 外国人専用私営バス+船
  5. エアアジアジョイントチケット
  6. バンコクエアウェイズの直行便

下記にてこの6つを解説していきます。

*価格は2018年6月13日時点の物ですのでご了承ください。

1.電車+バス+船 (最安は3等列車の387バーツ)

価格:電車3等107B /2等248B +280B(バス+船)

所要時間:鉄道8:26~11:38 + バス1:30 + 船1:30(乗り換え時間含まず)
旅程:フアランポーン鉄道駅→スラタニー鉄道駅→スラタニーの船乗り場(Donsak Pier)→サムイ島(Natong Pier)

補足:バス+船はPantipTravelを利用

クッションなし、エアコンなし、リクライニングなしの電車の椅子に8時間以上座るという事になりますが、これが最安です!

タイ人のウェブサイトを見ても3等は長距離向けではないとおススメしていませんが、どのクラスに乗っても到着時間は変わりません。知恵と体力で乗り切りたい人はどうぞ。

参考:タイ国鉄の公式ホームページ

2.寝台電車+バス+船

価格:寝台2等エアコン上段698B /下段768B +280B(バス+船)

所要時間:電車11:36+ バス1:30 + 船1:30(乗り換え時間含まず)
旅程:フアランポーン鉄道駅→スラタニー鉄道駅→スラタニーの船乗り場(Donsak Pier)→サムイ島(Natong Pier)

補足:寝台列車は(フアランポーン発19:30、スラタニー着07:06)を利用
補足:バス+船はPantipTravelを利用


フルフラットの寝台で寝れるというが利点。夜出たら朝スラタニーに到着。昼前にサムイ島に到着するという時間も良い。

ホアランポーン駅から出発なのでアクセスも良いし、寝台ならパソコン作業もできるし、いつでもトイレに行けるという利点がある。けれど乗り換えが少し面倒かな。

あと、もう少し安いエアコンなしの寝台もあります。

その他、別の時間には最新の寝台列車もありますがこれは深夜1時ごろ到着ですし値段ももう少し高いのであまりお勧めしません。

参考:タイ国鉄の公式ホームページ

3.国営バス(南バスターミナル発)+船

価格:VIP:508B / SuperVIP:790B + 140B (船はSeatran社利用)

VIPは2列2列の合計34人がけ、SuperVIPは1列2列の合計22人掛け
所要時間:バス13:00+船1:30(乗換時間含まず)
旅程:バンコク南バスターミナル発→スラタニーの船乗り場(Donsak Pier)→サムイ島(Natong Pier)


一人ならSuperVIPの1人掛けに座ると快適だと思いますが、それを選ぶのであれば、寝台列車やエアアジアのジョイントチケットとよく比較した方が良いかと思います。

参考:タイ国営バス(บ.ข.ส.)์の予約サイトPNS Innovation(タイ語のみ)

4.外人専用私営バス(カオサン、フアランポーン等発)+船

価格:VIP:638B (外国人のみでタイ人は利用できない)

所要時間:バス12:00+乗継ぎ4:00+船1:20(乗換および渋滞予想時間含む )
旅程:バンコク市内→スラタニーの船乗り場(Donsak Pier)→サムイ島(Natong Pier)


外国人のみの理由が分かりませんが、こういうバスが存在します。何か政府から補助でも出てるんでしょうか?

乗り継ぎにとても時間を取られる事や体臭がきつい人種の方が隣に乗る可能性を考えると、個人的にはこのバスを選ぶなら国営バスのVIPを使った方が良いのではと思います。

参考:ferrysamui.com

5.飛行機(エアアジア)+バス+船

価格:900B~1,792B

所要時間:06:05~08:40
旅程:バンコクドンムアン空港→ナコンシータマラート/スラタニー港→スラタニーの船乗り場(Donsak Pier)→サムイ島(Panoi Pier)


上記の価格はエアアジアのホームページで2018年6月13日確認。上記のようなジョイントチケット(全行程込々のチケット)の販売が確認できました。

安いチケットが取れれば最もコスパが良いです。ただしバスや電車に比べ日付によって金額がかなり変わるという飛行機特有の欠点があります。

6.飛行機(直行便)

価格:4,290B~6,060B

所要時間:01:05~01:30
旅程:バンコクスワンナプーム空港→サムイ空港
補足:航空会社はバンコクエアウェイズ


上記の価格は2018年6月13日にスカイスキャナーで確認。

お金があるならこれに勝るものなし!他の方法なら最短でも6時間以上かかるところ、直行便なら1時間とちょっと。

サムイ島の空港はバンコクエアウェイズが所有しているため、非常に限られた航空会社しか乗り入れしていません。競合がほとんどないため料金が高いのです。

感覚的には飛び立ってすぐに機内食が出てきて、それを食べ終わると到着します。ブティックラウンジというバンコクエアウェイズ専用のエコノミーでも利用できるラウンジもあります。

blog_20180613_howtogo_Samui_1

サムイ空港のブティックラウンジ。飲み物や軽食が無料で好きなだけいただけます。

まとめ

個人的には選ぶとしたら以下の4つの中からかなと思います。

コスパを考えると、まずはエアアジアのジョイントチケットを確認して1,000バーツを切るような安いチケットと日程が合えば一番コスパが良いかと思う。

これがなければエアコン寝台列車。計1,000バーツと安くないが、フルフラットで寝れてパソコン作業できるのがうれしい。

国営バスのVIP+船の合計648バーツも魅力的。指定席なので隣に人が座るのをどう考えるか、、。

そしてネタとしてもお値段的にも国鉄3等列車利用の387バーツはアツい。圧縮袋に入れた着替えを座布団にして、日中の8時間なら意外といけそうな気がする。どれほど混雑するかにもよるけれど席の移動もできるし。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ラインスタンプ
⚫️ ラインスタンプの販売をしています。宜しくお願いします。^^
line_sticker_daily

クマのブルー 楽しい日常生活 日本語タイ語 日本語が少しわかる、または興味が有るタイ人とのコミュニケーション用に使えるものになっています。全て日本語タイ語併記です。

line_sticker_business

クマのブルー 楽しい職場(日本語タイ語) タイ人のお客さんやサプライヤさんに、気軽に送れるようなスタンプだと思います。全て日本語タイ語併記です。