スポンサーリンク

クレット島へは戦勝記念塔から本数の多い166番バスで行くのがおすすめ!

20161128j_kret_bus_title1

本日思いがけずクレット島近くまで行く事になったのでブログに残しておこうと思います。

こんにちは、バンコク在住のダイ(@daijirok-jp)です。

本当はジェーンワタナの総合庁舎(ガバメントコンプレックス)に行く予定でバスに乗りましたが、間違えてクレット島入り口のPak Kret(パーク・クレット)経由ムアントンタニー行きのバスに乗ってしまいました。

ちょうどバスの中で初老の日本人4人組が、クレット島に行く途中という事で少し話をした次第です。

なおこのバスはこちらのバスロケーションアプリ「VIA BUS」で各バスの現在地を確認できます!

バンコク市内のバスの位置がわかる!ロケーションアプリ「VIA BUS」が無料で超便利。眺めるだけでも結構楽しい。
...

ほんと便利ですよ。

無料だし。

 

スポンサーリンク

166番バスがお勧めの理由

本数が多い

166番バスは朝早くから5分〜10分に1本くらいの割合で走っています。

戦勝記念塔のバス停で待っていると166番バスが3台くらい停車して、先行バスが発車するのを待っていたりします。

高速利用のため渋滞しない(事が多い)

戦勝記念塔まではBTSで行けば渋滞知らずですし、バスも戦勝記念塔のロータリーを出てすぐに高速道路に上がるため非常にスピーディーに移動ができます。

安い

エアコンバスで18バーツでした。エアコンなしの窓が空いている赤いバスなら無料のものも走っています。高速利用にもかかわらずこの値段なのです。

20161128j_kret_bus_13

↑ バスの切符。バスに乗った後で車掌さんが集金に来てお金を払うと切符をくれます。

タクシーだと高速料金も別途必要で、合計で200Bくらいかかります。

 

注意点

166番バスには2種類ある

166番バスにはクレット島前経由ムアントンター行きと、ジェーンワタナ合同庁舎行きの2種類のバスが存在します。

合同庁舎行きは乗り場所が少し違う事、バスの乗り口横にピンクのステッカーがある事、そして30分に1本くらいしか来ないため注意していれば間違える事はありません。

乗り場に関しては、下に記載しています。

このバスロケーションアプリ「VIA BUS」だと「166」と「166(Extra)」として記載されています。

Extraの方は総合庁舎行きです。

バンコク市内のバスの位置がわかる!ロケーションアプリ「VIA BUS」が無料で超便利。眺めるだけでも結構楽しい。
...

 

クレット島入り口の停留所は終点ではない

パーク・クレット駅(Pak Kret, ปากเกร็ด)という停留所で降りる必要があり、これは終点ではありません。

ただ、ほとんどの人がこの停留所でおりますし、地形的にもとてもわかりやすい停留所です。

降車する場所に関しては、下に記載しています。

 

戦勝記念塔の166番バスの乗り場について

戦勝記念塔(アヌサワリーチャイ/ビクトリーモニュメント)があるロータリーのバス乗り場にあります。

バスの通り道が2つありますが、166番のクレット島に行くバスは戦勝記念塔のあるロータリー内側に近い方にのみやって来ます。下記の写真の青い矢印の方です。

 

20161128j_kret_bus_011

 

乗り口に黄色いボードが掲げてあり、きちんとPak Kretと書いてあるかを確認しましょう。

20161128j_kret_bus_15

行き方詳細

20161128j_kret_bus_017

↑ BTSの駅を降りたらExit3がある方の改札を出ます。

 

20161128j_kret_bus_14

↑ Exit3の階段を降りずにまっすぐ高架の上を進みます。

 

20161128j_kret_bus_10

↑ まっすぐ進むと戦勝記念塔が正面に見えますので、T字路を左に進みます。

 

20161128j_kret_bus_6

↑ 階段を降り、そのまま戦勝記念塔を右手に見ながら進みます。

 

20161128j_kret_bus_7

↑ そのまま進むと屋根付きの陸橋が見えますので、上ります。

 

20161128j_kret_bus_4

↑ 陸橋の上からは停留所も見えて来ますので、そちらを目指して下さい。

 

20161128j_kret_bus_8

↑ 停留所前。多くの人が目当てのバスを待っています。166番は何台か止まっている事が多いので、先頭の166番に乗りましょう。

 

20161128j_kret_bus_5

↑ 付近にはコンビニやミニショップがたくさんあるので、飲み物を買っておくのも良いでしょう。

 

20161128j_kret_bus_12

↑ バスに乗るとすぐに高速道路に乗ります。この乗り口辺りから辺りで車掌さんが集金が始まります。

 

166番バスの降り場(Pak Kret停留所)

戦勝記念塔の停留所から乗るとすぐに高速道路にのります。

高速道路を降りて左折しずっと直線でクレット島方面に向かい、チャオプラヤ川を越える橋には乗らず横の側道を走り、川の前でUターンをします。このUターンをする直前が目的のPak Kret停留所になります。

グーグルマップなどの地図アプリを見ながらですと非常にわかりやすいと思います。

20161128j_kret_bus_03

 

Pak Kret停留所でほとんどの人が降車します。

20161128j_kret_bus_02

↑ 降り口はこんな感じのところです。チャオプラヤ川を終えて行くラマ4世橋の下になります。

 

万が一降りるのを忘れても大丈夫です。

川を目の前にして、橋の下でUターンをすると、すぐに次の停留所がありますのでここで降りましょう。この停留所ではバスに乗ってくる人が多いです。

20161128j_kret_bus_01

↑ こんな感じで橋の下をUターンします。ちょうど目の前はチャオプラヤ川です。

 

クレット島観光や他の方法で行きたい場合

上にも書いた通りバスを間違えただけなのでクレット島には行ってないので、書きようがないのですが、参考にさせていただいたブログを掲載しておきます。

楽しい小旅行だったそうですが、ホテルからの送迎でバンコク市内の渋滞に捕まり往復6時間かかったそうです。

バスでもいけるが手っ取り早いタクシーをお勧めされています。写真がたくさんあり見るだけで楽しくなるページです。

ボートでの移動などいろいろな移動方法が検討れています。

 

まとめ

バンコクにお住まいなら週末の小旅行に最適だと思います。

私も今度行ってみようと思います。

ただ、くれぐれもバスの乗り間違いには気をつけましょう。

どうして同じ番号なのに違う路線があるのか不思議で仕方ありません。

 

以上、「クレット島へは戦勝記念塔から本数の多い166番バスで行くのがおすすめ!」でした。

コメント