スポンサーリンク

朗報!2018年10月1日から日本人はミャンマーへのビザが免除されて、ビザなしで30日滞在できるよ!

全ての日本人にとって朗報でしょう!

なんと2018年10月1日からミャンマーにビザなしで入国できるようになるのです!

1年間の期間限定ですが、1年後も継続しないとも言えません。

 

ソースは天下の日本経済新聞なので確かな情報です。

ミャンマー、日韓対象に観光ビザ免除 ロヒンギャ迫害で欧米からの旅行客が急減

タイの陸続きの国と言えば、ラオス、カンボジア、マレーシア、そしてミャンマーですが、

ラオスとマレーシアはビザなしで旅行可能。そしてカンボジアとミャンマーはビザが必要でした。

 

スポンサーリンク

これまでのミャンマービザ

 

オンラインで申請して50米ドルかかっていました。↓

Myanmar eVisa (Official Government Website)

またタイにあるミャンマー大使館でも申請ができますが、これも5,000円くらいかかります。しかもスラサック駅近くのミャンマー大使館で申請してまた後日、受け取りに行くという面倒な手続きが必要でした。

 

タイからミャンマーへの陸路ルート

 

この世界遺産と旅情報サイトさんによると下記4つのルートがあるらしい。

ただし、ちょくちょく閉鎖されたりする国境もあるらしい。

タイMae Sai→ミャンマーTachileik
タイMae Sot→ミャンマーMyawady
タイSangkhlaburi→ミャンマーPayathonzu
タイRanong→ミャンマーKawthaung

 

注意点

 

日本経済新聞によると

現状では免除の条件として入国時に1人1,000ドルの滞在費用の現金を所持するよう求めている。だが、観光業界が「なお観光客の負担が大きい」と反発したため、クレジットカード提示などの代替策を検討する方針だ。

 

と書かれており、何ともはっきりしないので10月になったら、多くの日本人チャレンジャー達のブログを参考にした方が良いと思う

私もラノーンからのミャンマー入りにチャレンジしようと思います。

 

まとめ

 

空路でミャンマー入りする方は、2018年10月1日よりビザ費用を請求されることなくミャンマー入国可能になるでしょうが陸路は情報の周知が徹底されているか怪しいので気をつけたほうが良いでしょう。

確実に越境したい場合はできる限り最新の情報を調べてから行きましょう。

 

以上「朗報!2018年10月1日から日本人はミャンマーへのビザが免除されて、ビザなしで30日滞在できるよ!」でした。

コメント