私がPremiere Elements 15 & Photoshop Elements 15 を選んだ理由
スポンサーリンク

私がPremiere Elements 15 & Photoshop Elements 15 を選んだ理由

私がPremiere Elements 15 & Photoshop Elements 15 を選んだ理由

これまで動画編集はMacBookにプリインストールされて(初めからついて)いるiMovieというソフトを使っていました。

ただ、できる事に結構制限があるので新しいソフトを買うことにした次第です。

こんにちは、バンコク在住のダイ(@daijirok_jp)です。

結論は題名の通りなんですが、もし私と同じように悩んでいる人がいたら参考にしていただければと思い記事を書きます。

スポンサーリンク

有名YouTuberはどんなソフトを使っているのか?

気になったので調べて見ると Adobe Premiere Pro と Final Cut Pro X という2つのソフトが人気だとわかりました。

私の知っているYouTuberだと

Adobe Premiere Pro:瀬戸弘司さん、カズチャンネルのカズさん
Final Cut Pro X:はじめしゃちょー

その他、ヒカキンさん、セイキンさんは、調べて見るとどちらも使っていた時期がありわからず、恵チャンネルのメグミさんは何を使っているかわかりませんでした。

ここで、みんな Adobe Premiere だよって事なら1択だったんですが、そういうわけでもなかったようです。

ただ、印象としてはパソコンやカメラ好きな人はAdobeの方を選んでいるという印象です。

Adobe Premiere Pro と Final Cut Pro X (Apple) はどちらが良いか?

検索してみるとYahoo知恵袋に下記のような記事がありました。

回答をみる限り今や Adobe Premiere は業界標準である事は疑いようがないとあります。

鵜呑みにするわけではないですが、確かにAdobe製品は有名です。

特にフォトショップは今の若者であれば、写真を加工するための代表的なソフトウェアとして誰もが知っているのではないでしょうか?

カメラ好きでパソコンも好きな人はPhotoShopを使っているだろうし、そうなると動画編集も同じAdobe製品の方が連携しやすいという事もあるため、Premiereの利用者を増やしているという面もあるかもしれません。

ただこちらに非常に分かりやすい動画編集ソフトの機能一覧表があるのですが、Adobe Premiere Pro も Final Cut Pro X も機能に対する評価は同等となっていました。

「動画編集ソフトって色々有るけど、どれがどう違うんだ?さっぱり分からん!!」という人の為に徹底的に比較して、表にまとめてみました。無料・有料で、有名なソフトを一通り比較してるので、参考にしてみてください。※私は有料動画編集ソフトをメインで使

ですので、 Final Cut Pro X にしようかなとも思ったんですが、Final Cut Pro X は Mac OS でしか動かないというのが非常に残念でした。

それにしても月々払いのPremiere Proは高くつくなと思っていると、AdobeにはElementsシリーズという一般向けのラインナップがある事が分かりました。

Elements でも iMovie よりは、よほど高機能なソフトという事でした。

値段比較(2017年4月現在)

下記公式サイトに記載されている税抜きの価格(2017年4月現在の価格)です。

Final Cut Pro X(iTunes)
Apple公式:34,800円(税込)

Premiere Pro (Creative Cloud)
Adobe公式:2,180円(1ヶ月あたり)

Premiere Pro (Creative Cloud Complete Plan)
*Premiere の他 Photoshop, illastlator 等色々なソフトが使えます。
Adobe公式:4,980円(税抜き1ヶ月あたり)
アマゾン:59,760円(税込、利用1年分)

Premiere Elements 15
Adobe公式:13,800円 (税抜き)
アマゾン:11,408円(税込)

Photoshop Elements 15 & Premiere Elements 15
Adobe公式:19,800円(税抜き)
アマゾン:17,268円(税込)

これを考えると価格は下記のような感じと言えるでしょう。

Premiere Pro >> Final Cut Pro X > Premiere Elements

Adobe Premiere Pro と Adobe Premiere Elements の比較

Premieire Pro CC はサブスクリプション型と言って毎月お金を払って利用するという支払い方法です。

始めやすく辞めやすい。そして常に最新版が利用できるというのが利点ですが、使い続ける場合一番お金がかかという欠点があります。

それに対してElementsは買い切りのソフトです。

Premiere Proは名前の通りプロ向けなのに対してElementsは一般向けという位置付けです。

プロでないと使わないような高度な機能は使えないようになっています。

プロ志望でお金があるなら初めからProを買えば良いと思います。

書籍も豊富ですし、インターネットで情報を探しても情報がたくさんあります。

がっつりやるつもりなら最終的にはProを買う事になるのです。

Elements を使うと Pro ならできるのにというような機能が出てきて悔しい思いをする事がありそうです。

プロが行うような高度な編集まではする必要がないという事ならまずはElementsを買って、なにか実現したいけれどPro版にしかできない事にぶち当たった時にProを購入すれば良いだけの話です。

画像編集入門ソフトのランキングを見ると2位になっていますし、評価最悪というソフトでもありません。

2017年最新の、有料・無料の動画編集ソフト・サービスをランキングまとめ。PowerDirector、Adobe Premiere Elements、VideoStudio、MovieStudio、Windowsムービーメーカー、Lightworks、AviUtl、VideoPadなど。

Elementsを購入する事にしました。

上でも書きましたが、とりあえずElementsAdobe Premiere Proへの入門と考えてまずはElementsを購入する事にしました。値段的にもPro5ヶ月分の値段です。

途中であれがやりたい、これがやりたい、なんて思い出したらPro版を買う事にします。

もしかしたら一生そういう風に思わないかもしれませんが。

Photoshop Elements とのセット版がある。

ということですので、値段を再度比較して見ます。

Premiere Elements 15 (Photoshop Elements 15 も同じ値段)
Adobe公式:13,800円 (税抜き)
アマゾン:11,408円(税込)

Photoshop Elements 15 & Premiere Elements 15
Adobe公式:19,800円(税抜き)
アマゾン:17,268円(税込)

Premiereを買う事に決めましたが、セット版であれば Photoshop Elements が半額以下の税抜き6,000円で Photoshop Elements が入手できる事がわかりました。

今まで画像の編集にはSkitch(1.0.12)とMediBangPaintProという共に無料のソフトを使ってきましたが、この機会にPhotoShopを覚えるのも良いかなと思った次第です。

買い切りなので長く使っても費用負担は増えません。

タイ人女子の自撮り動画をフォトショップで綺麗にしてあげれば、私の株も上がりそうです。笑

という事で、「Photoshop Elements 15 & Premiere Elements 15」を買う事にしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ラインスタンプ
⚫️ ラインスタンプの販売をしています。宜しくお願いします。^^
line_sticker_daily

クマのブルー 楽しい日常生活 日本語タイ語 日本語が少しわかる、または興味が有るタイ人とのコミュニケーション用に使えるものになっています。全て日本語タイ語併記です。

line_sticker_business

クマのブルー 楽しい職場(日本語タイ語) タイ人のお客さんやサプライヤさんに、気軽に送れるようなスタンプだと思います。全て日本語タイ語併記です。