東京上野でダンディというカプセルホテルに泊まった時の話2。デラックスカプセルに宿泊
スポンサーリンク

東京上野でダンディというカプセルホテルに泊まった時の話2。デラックスカプセルに宿泊

20160729j_title

この投稿は昨日の投稿の続きです。

東京上野でダンディというカプセルホテルに泊まった時の話。チェックイン
高いホテル代を払うくらいならば新しい電子機器やパソコン周辺機器が欲しいと思っちゃいます。こんにちはバンコク在住のダイ(@dai...

20時ごろ再度カプセルホテルに戻り、外出から戻った旨を伝え、外出時にもらった紙と下駄箱の鍵を受付に渡します。代わりにロッカーの鍵をもらいました。

8階まで階段で上がりバックから荷物を出して細長いロッカーに荷物を詰め込みローブに着替える。で、受付に行ってタオルをもらって、またしてもお風呂へ。やっぱり大きなお風呂はいいですね。気持ち良いです。

お風呂を終えて、ロビーのある6階の食堂へ。健康ランドの食堂のような感じ。少し低めの椅子で壁には大きなテレビがかけてありました。

20160729j_beer0

せっかくなので無料クーポンを使ってグラスビールをいただきました。20160729j_beer

ビールをいただいた後は、8階に戻りました。

荷物をロッカーから出してビジネスセンターという名の、ちょっとした踊り場でPC作業をしました。本当に踊り場といった方が良い程のスペースですが、デラックスルーム専用のフロアということもあるのか人も少なく快適に作業できました。狭っ苦しい個室よりこの方が私は好きです。

備え付けのデスクトップPCもあったのでケータイではなく大画面でネットしたい場合良いと思います。

20160727j_businessroom
残念ながらwifiの速度を確認するのを忘れていましたが、速度は特に遅いと感じる事もなく快適に作業できました。無料でパスワード等なくwifiはつながりました。すぐに繋がるのはいいのですが、逆にセキュリティは少し心配ではあります。

22時過ぎカバンをもって、カプセルに乗り込みます。ロッカーに入れておいても良いのですが貴重品はできるだけ身の回りにおいておきたいのです。

20160727j_delux

カプセルの入り口はロールカーテンを上から下ろして下で金具を引っ掛けます。カプセルのドアに特に鍵はありません。PC等の荷物をカプセルに持ち込んでおりそのまま寝るので、すぐに侵入できる下のカプセルより、上のカプセルを選んで良かったかなと思います。

20160729j_inside0

カプセル内奥行きがざっくり2mくらいあるので、わざわざカプセルの奥まで来てものを取るなんて無いとは思いますが、まあ念のためです。お風呂に入った時も思いましたが、客層は一人できているおじさんやおじいさんが多かったので、用心に越した事はありません。そもそも私もその一人ですが。。。

カプセル内は寝転んだままちょうど見えるテレビの他、イヤホンや読書灯などが揃ってます。

20160729j_inside

あとテレビは民放のほか放送大学などケーブルなのか衛星なのか民放とは違う番組、そして無料の大人用のチャンネルが4チャンネルありました。意外だったのがカプセル内に目覚まし時計が付いてました。初めから付いているので使っていいんでしょうが、私はケータイをウエストポーチに入れて目覚ましにしました(詳しくは下記のリンク)。というのも私は早朝に起きて皇居を走ってみたかったからです。あまりに早朝に目覚ましをかけるのは他の人に遠慮してしまいます。

耳栓していても、自分だけに目覚ましをかけて起きる方法
題名の通りですが、これは私がカプセルホテルに泊まった時、早朝に起きて走るために私が思いついた方法です。意外と需要があるんじゃな...

カーテンを閉めてテレビを見ていると途中からとても暑くなってきました。カプセル内は小さな換気用の穴が空いているんですが、それでも暑い。冷房はフロア内についているのですが、カプセルのカーテンを閉めてしまうと冷気があまりカプセル内まで入ってきません。

深夜にカプセルに入る人の音がうるさいとか、いびきがうるさいという話をネットで見ていましたが、幸いそういう事はなかったです。ただ本当に暑いのが辛かったです。寝る前に再度カーテンを開けておいてから寝る前にカーテンを閉めることでなんとか寝ることが出来ました。

朝は5時起き。外出して徒歩で地下鉄千代田線の湯島駅から皇居近くの大手町駅まで行き、皇居の周りを走ってきました。

20160729j_kokyo

20160729j_kokyo2

特に皇居にこだわらないなら上野公園を走るのも良いでしょう。他の日に上野公園を走りましたが、個人的には上野公園の方が走っていて道も広くておもしろかったです。ただいろんなルートが取れてしまえるので1周約5kmという皇居のような明確さはありませんが。

走り終えてから8時過ぎにカプセルホテルに戻り、チェックインから数えて3度目の大浴場へ。チェックアウトは10時だったので余裕をもってチェックアウトしました。チェックアウト後は上野公園を散策して、近くの大戸屋で食事。

その後は近くにあったルノアールでコーヒーを飲みながらPC作業です。私の中ではワイファイと電源が絶対あるのがルノアールと思っています。事実きちんと完備されていましたが、メニューは全体的に高めなんですね。知らなかったです。トイレも自由に行けるしソフトドリンク飲み放題の漫画喫茶でも良かったかなとちょっと思いました。

20160729j_renoir

2時にまたカプセルホテルダンディに戻りチェックインしました。連泊だったのですが、部屋のタイプをデラックスからスタンダードに替えたので再度チェックインする必要があったのです。なぜわざわざこんな事をしたかというとノーマルとデラックスの違いを確認してみたかったのです。

さて今回は下のカプセルが埋まっているという事で自動的に上のカプセルになりました。上下を両方試そうという試みは見事打ち砕かれました。下の方が人気なんですかね?確かにお年寄りは結構急なハシゴを登って2階に行くのは面倒だとは思います。

スタンダードルームですので前回のデラックスがある8階とは違い、5階のフロアになりました。ロッカーはデラックスと同じサイズ、しかし一つのフロアにおいてあるロッカーが多かったです。

20160729j_stdroom

とりあえず取られても良いような着替え等の荷物をロッカーに入れて再度外出です。浅草時の近くにある知り合いのお墓参りに行ったり、知り合いと夕食を食べたりで結局20時過ぎに宿に戻りました。

受付で手続きをし、荷物をロッカーに詰め込んで再度お風呂へ行きます。さすがに売りにしているだけのことはあります。お風呂が楽しみになっています。

長くなったので明日の記事に続きます。。。

スポンサーリンク

ホテルの情報

ホテル名:サウナ&カプセルホテル ダンディ
住所:東京都台東区上野2-6-11 エッグビル6F
電話:03-3839-8100
最寄駅:JR上野、他6駅
ホームページ:http://www.u-excellent.com/dandy/index.html

価格はスタンダードが2,000円前後、デラックスが3,000円前後の事が多いようです。

サウナ – カプセルホテル ダンディ – 男性専用 (Hotels.com)で価格を確認

サウナ – カプセルホテル ダンディ – 男性専用 「じゃらん」で価格を確認

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ラインスタンプ
⚫️ ラインスタンプの販売をしています。宜しくお願いします。^^
line_sticker_daily

クマのブルー 楽しい日常生活 日本語タイ語 日本語が少しわかる、または興味が有るタイ人とのコミュニケーション用に使えるものになっています。全て日本語タイ語併記です。

line_sticker_business

クマのブルー 楽しい職場(日本語タイ語) タイ人のお客さんやサプライヤさんに、気軽に送れるようなスタンプだと思います。全て日本語タイ語併記です。