日本への一時帰国はプリペイドシムSIM2FLYが超おすすめ。
スポンサーリンク

日本への一時帰国はプリペイドシムSIM2FLYが超おすすめ。

20161105j_title
前回のラオス旅行で2Gにしか繋がらなくて、途中で破棄したという私に取ってはいわく付きのプリペイド型のSIMカード、AISの「SIM2FLY」(シム・トゥー・フライ)を再度購入しました。

こんにちは、バンコク在住のダイ(@daijirok-jp)です。

タイ人のネットでの書き込みを見る限り、みな日本での使用はとても快適だったという事なので再度のトライです。

さて急に就職が決まり、これまた急に日本へタイのビジネスビザを取りに行くことになったので、ポケットワイファイを注文する暇がありません。

しかし日本でプリペイドのSIMカードを買うと高くつく。

ということでSIM2FLY 8日間3GB(399バーツ)を急遽セントラルワールドのAISで購入しました。

ウェブサイト(英語):SIM2FLY | AIS
スポンサーリンク

利点・メリット

安い

8日間3GBで399バーツ(約1,200円)。動画をたくさん見るとかでなければ十分な容量です。

タイでポケットワイファイ(1日100B-200B)を借りて日本に持って行くよりも安いです。また、インターネット無制限ローミングへの申し込みはAISの場合ですと1日350B、3日950B、5日1,400Bなので、それに比べると抜群に安いです。

安心

ポケットワイファイは故障するという危険があり、故障すると修理費を払う必要がありますが、SIMカードにはそういう問題がない。

もちろんパケ死の可能性も全くありません。

手軽

ポケットワイファイは事前に申し込む必要がありますが、このSIMカードはAISのショップに行って購入できればそれでOKです。返却の必要もありません。

アマゾンでも販売されています。商品名には日本と書いていませんが、ページ内には「日本でも使える」と記載がありますし事実、日本で使えています。↓

周遊旅行に便利

このSIMカードは日本以外に、韓国、シンガポール、マレーシア、香港、ラオス、インド、台湾、マカオ、フィリピンで使えます。ただし、タイで使う場合は別途パッケージに申し込む必要があります。

ちなみにラオスでの使用はオススメしません。ラオスのシムの方が安くて早いです。

タイラオス友好橋を渡ってラオスへ。SIMカードは国境で買うのがお勧め!
先月ラオスのビエンチャンへタイのEducation VISA (学生ビザ)を取りに行きました。その際気になったのがケータイ...

欠点・デメリット

SIMカードを入れ替える必要がある

携帯2台持ちの方は別にして、基本的に普段使っているSIMを抜いてこのSIM2FLYのSIMを携帯に入れることになります。ということは普段使っている携帯の番号が一時的に使えなくなるという事です。

今日ではラインでの連絡が多いと思うので、それほど大きな不便にはならないかもしれませんが、使用環境によっては大きなデメリットになりうるかもしれません。

ネットが少し不安定

ローミング用の回線だからというわけでしょうか、どういうわけか、時々ネット回線が途切れてNo Serviceになります。一時的なものなのですぐに回復はするのですが、、、。

また、回線スピードも多少制限されているようです。

2016年11月9日追記:

大阪ー姫路間の電車に乗っている時は、普段よりもより高頻度で回線が途切れました。通常ネット回線が途切れるような場所ではないのですが、、。AirAsiaのチケットを取るためにネットをしていたので、No Serviceで突然途切れたりというのは随分面倒でした。

という事で安定したネットが必要な方には、オススメしません。

テサリングが不安定

ポケットワイファイはいろんな端末で使う事を前提の商品ですし、そもそもローミング用の回線ではないので、以前ポケットワイファイを使った時は複数端末から不自由なく使う事ができました。

SIM2FLYは1つの端末で使うことが前提になっているようで、テサリングは基本つながらず、すごく稀につながりました。

注意点・補足

  • 日本でのローミング使用回線はSofBankです。
  • SIMカードは1枚で、通常、マイクロ、ナノの3種類に切りとれるようになっています。
  • アクティベート(*130で発信)してSMSで使用開始のメッセージを受け取らないとネットには繋がりません。
  • アクティベートは日本からもタイからも可能です。
  • ローミングをオンにしないとネットに繋がりません。
  • なかなか繋がらない時は一度フライトモードにしたり電源を入れ直すと良いでしょう。

速度計測してみた

場所は関西国際空港第1ターミナルとその周辺時間をおいて3回計測。仕様機器はiPhone6Plus。アプリはSpeedSpotというアプリです。

20161105j_speedtest

まとめ

今回、日本には5泊7日の日程ですし基本的には実家やカフェのWifiを使うという生活ですので、このSIMカードがとても役に立ちました。LINEのフリートークも普通に使えました。1週間ほどの日本滞在にはもってこいでしょう。

そう言えば以前sonet の Japan Prepaid Simというのを関空で購入して使った事がありますが、30日2GBで3,000円以上してしかもインターネットがないとアクティベートできないという迷惑仕様でした。それに比べるとSIm2Flyは、なんと素晴らしいSIMカードかと思わざるを得ません。

突然旅程が伸びた場合

これは日本に旅行中にSIM2FLYの期限を迎えてしまった場合の対処方法です。

アマゾンでSIM2FLYを追加購入。

2016年11月13日現在、アマゾンプライムと販売店からの通常出荷の2つがありました。プライムの方が早くつきますが、すこしだけ金額が高かったです。

商品名には日本と書いていませんが、ページ内には「日本でも使える」と記載がありますし事実、日本で使えています。↓

ヤマダ電機のプリペイドSIMもなかなか良い感じです。

ヤマダ電機のプリペイドSIMは日本でしか使えませんが、安くてアクティベート不要でとても良い感じです。

1日200MBしか高速回線が使えないというがネックですが、それ以降も低速であれば一日中インターネットにはつながるのでLINEでメッセージをやり取りする程度であれば十分使用できます。

20161105_sim2fly_add2

↑ 2016年11月13日現在。ヤマダ電機のホームページより

パッケージの追加購入について

2016年11月13日追記。

AISのホームページを見るとパッケージの追加購入ができるとありました。しかも8日間349B(約1,000円)と新規で購入するより50B(約150円)お得です。

ただし、パッケージを追加の支払い方法がよく分かりません。普段からAISのシムを使用しており、AISの店舗でSIMを購入された場合は、購入時に登録をされているので、月々の支払いに自動的に加算されるのかもしれません。

ただし上記のようにアマゾンで購入していた場合はどうなるのかはよく分かりません。確認出来次第こちらのページに追記する事にします。

下記、パッケージ追加購入についての情報。

20161105j_sim2fly_add

↑ 2016年11月13日時点の情報。AISのSIM2FLYのページ(英語)より。

2016年11月14日追記。

タイで買ったSIM2FLY及び元々私がタイで契約していたポストペイドのAISのSIMカード、両方で、上記追加パッケージ購入を試しましたが、どちらも購入できませんでした。

またタイに戻ってから理由を聞いてみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ラインスタンプ
⚫️ ラインスタンプの販売をしています。宜しくお願いします。^^
line_sticker_daily

クマのブルー 楽しい日常生活 日本語タイ語 日本語が少しわかる、または興味が有るタイ人とのコミュニケーション用に使えるものになっています。全て日本語タイ語併記です。

line_sticker_business

クマのブルー 楽しい職場(日本語タイ語) タイ人のお客さんやサプライヤさんに、気軽に送れるようなスタンプだと思います。全て日本語タイ語併記です。