MacBookProをカスタマイズして誤発注。返品してきた話。
スポンサーリンク

MacBookProをカスタマイズして誤発注。返品してきた話。

2016118j_macbook_return_title
先日アップルのオンラインストアで2016年10月23日に発売されたMacBookPro Late2016 タッチバーなしモデルを注文しました。

こんにちは、バンコク在住のダイ(@daijirok-jp)です。

注文したのが、11月9日(水)午後で商品が郵送されてきたのが11月15日(火)午前でした。実質6日かかり、これは購入時に記載があった予定の通りでした。

スポンサーリンク

MacBookPro Late2016 購入

MacBookPro late2016 到着

間違えて発送してた


返品処理

さてブログにまで書いて力説したキーボードの種類を間違えて発注していました。

Macbookで私がUSキーボードを選ぶ理由とその利点。
最近新しいMacBook Proを買いました。もちろんキーボードはUS配列です。 こんにちは、バンコク在住のダイ(@...

という事でまず返品できるのか確認する事にしました。

ウェブで確認するとAppleのオフィシャルメージ中にすぐに見つける事ができました。

2016118j_macbook_return_4

返品・返金を押すとこんな表記がありました↓

2016118j_macbook_return_5

アップルストアは家から遠いですし、まずは記載のあったフリーダイアルに電話してみました。

アップルコンタクトセンターに電話。

電話すると、自動応答で何の用か聞かれます。

私の場合はキャンセル・返品についてのご相談というところを選びました。注文番号をダイアルしてしばらくすると、すぐに電話がつながりました。

以前免税ができるかどうかでアップルストアに電話かけた時は、電話はかなり待たされて会話が始まるまでに10分以上かかったんですが、今回はすぐにつながりました。

MacBook(カスタム品)はアップルストアで免税で買えるのか
海外在住者は日本に一時帰国した際、外国人観光客同様、免税で買い物ができます。 こんにちは、バンコク在住のダイ(@daij...

私がキーボードの発注を間違えた旨を正直に言いましたが、返品に問題ないとの事でした。

また私が欲しいUSキーボード版への交換はできないので、返品処理とUSキーボード版は新規注文は別々に行ってくださいと言われました。

交換というのは、全く同じ製品を返品して再度発送してもらう事を指すそうです。

返品申請完了

まず、この電話を持って返品の申請が完了という事を言われました。

今後は下記のような流れで進むとの事。

  1. アップルからすぐに返品依頼受付のお知らせと、明日中には返品方法のご案内という計2通のメールが届く
  2. 返品方法ご案内というメールの方に受付番号が書いてあるので、返品受付番号を控えてヤマト運輸(クロネコヤマト)の営業所へ行き、そこにある端末に受付番号を入力。
  3. 端末から送り状が印刷される
  4. 送り状を梱包済みの商品に貼り付け
  5. 梱包に別途返品番号を手書きで書いておく。
  6. ヤマト運輸の営業所の人に渡す。(送料は無料
  7. 来月、クレジットカードの支払いに対してアップルからカード会社にキャンセルの依頼が届くため、商品代金の引き落としはされない。

ヤマト運輸に行ってきた。

結局明日中に届くと言われた「返品方法のご案内」メールも当日中に届いたため、ヤマト運輸の営業所に返品処理に行ってきました。

言われた端末操作も非常に簡単で問題なく操作でき、すぐに返品できました。

2016118j_macbook_return_2

↑ ヤマト運輸の営業所にあった端末

なお、ヤマト運輸の営業所は、ヤマト運輸のホームページ内の「営業所・取扱店・ドライバー検索」のページから検索できます。

まとめ

この度は私の発注ミスで大変申し訳ない事をしてしまいました。

私の返品したMBPはやはりアップルのオンラインストアの整備済み製品群に回るんでしょうか。いや、アップルショップの展示品なんかに回ったりするのかもしれません。

という事で、間違えて発注しても安心。、、、ですが、アップルには迷惑かける事になりましたし、こちらも再度注文したりヤマト運輸まで行ったりと余計な時間を取られました。

全く誰も得しません。不毛です。ヤマト運輸の仕事が増えたくらいでしょうか。

幸いブログのネタにはなりましたが、こんな記事がアクセスを集めるとも思えません。笑

という事で、オンライン発注の際はよく気をつけましょう。(自戒を込めて)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ラインスタンプ
⚫️ ラインスタンプの販売をしています。宜しくお願いします。^^
line_sticker_daily

クマのブルー 楽しい日常生活 日本語タイ語 日本語が少しわかる、または興味が有るタイ人とのコミュニケーション用に使えるものになっています。全て日本語タイ語併記です。

line_sticker_business

クマのブルー 楽しい職場(日本語タイ語) タイ人のお客さんやサプライヤさんに、気軽に送れるようなスタンプだと思います。全て日本語タイ語併記です。