スポンサーリンク

備忘録: タイの観光ビザ延長のためチェーンワタナのイミグレに行ってきた。申請方法と注意点。

20180805 VISA extend_3

先日タイの観光ビザ(シングル)の延長のためチェーンワタナのイミグレに行って延長手続きをしてきました。

せっかくなので備忘録として手続き方法書いておきます。

なお延長は1つのビザにつき1度しかできません。要するに今回延長手続きをしてそれをさらに延長はできないという事です。

逆に言うと観光ビザ(タイに60日滞在可能)+延長(30日)の組み合わせで90日タイに滞在可能となります。

 

スポンサーリンク

要点の備忘録

行ったことがある人は、とりあえずこれだけ抑えておけば良いでしょう。

1.書類記入より、とにかく番号札を先にもらう。
2.VISA延長の申請をした当日手続きが終わりパスポートを返してもらえる。
3.午後に行くと受け取りが遅くなり、帰りは渋滞でひどい目にあう。
4.バスで行くならは戦勝記念塔の166バス一択
5.写真と青ボールペンを忘れずに持っていく事。
6.モバイルバッテリーを持っていく事。
バンコク市内からチェーンワタナのイミグレへ行くなら戦勝記念塔発の166番バスがおすすめで最安。行き方を解説するよ。
...

 

受付場所と時間

バンコクであればチェーンワタナのイミグレがもっとも近い場所です。

受付時間は 08.30 – 12.00 と 13.00 -16.30 です。

お昼休みを挟みます。

 

 

20180805 VISA extend_10

イミグレはBuilding “B”のGate2の近くです。

 

必要なもの

20180805 VISA extend_2

地上階にあるコピー店

 

パスポート
タイ入国時にもらった入国の半券(T.M.7)
写真2cmX3cm
パスポートのコピー
ビザ延長の申請費用(現金1,900バーツ)
青色ボールペン(あると便利)

写真とパスポートのコピーは総合庁舎の中に写真やコピーのお店があるので、用意できていなくても大丈夫です。

パスポートのコピーは1枚2バーツ(約6円)でパスポート顔写真のページと、入国スタンプのページが必要です。コピー屋にパスポートを渡せば、何も言わずに必要ページをコピーしてくれます。

写真は4枚で100バーツ(約330円)

ボールペンはイミグレ内にもありすが、数が少ないためぜひ持って行った方が良いでしょう。

 

手続き方法

20180805 VISA extend_4

14:21に順番札を貰ったこの日、延長が完了したのは19時でした。

申請書類と番号札をもらおう

まずイミグレに入りExtend Tourist VISA と伝えれば書類がもらえます。

受付前に書類を記載するカウンターがありますが、とにかくまずは番号札をもらうために中に入ります。

ここでパスポートを見せて、Extend Tourist VISAと伝えれば番号カードがもらえます。

書類を記入しよう

番号札をもらったら書類の記入をします。

記入の見本が受付前のカウンターにあるのでそれをみながら書くと良いでしょう。

また、写真やパスポートのコピーがなければ総合庁舎のグランドフロアの階にたくさんお店があるのでそちらで用意します。

申請の順番待ち

電光掲示板で自分の番号が表示され呼ばれるまでひたすら順番待ちです。

順番が来ると申請料金2,000バーツを払いパスポートのコピーにサインをして、またまた順番待ちです。

ここで書類の不備をチェックされいろいろ質問されている人もいました。

 

パスポート返却待ち

再度、電光掲示板で自分の番号が表示され呼ばれるまでひたすら順番待ちです。

順番が呼ばれるとパスポートをもらって終了です。

お疲れ様です。

この日は19時ごろパスポートを受け取りました。

 

帰路

チェーンワタナ通りは結構渋滞が激しく帰りはかなり時間がかかりました。

できれば午前中に申請に行くべきでしょう。

 

20180805 VISA extend_6

 

まとめ

手続き自体は非常に簡単でしたが、これを何度も繰り返してタイに滞在するとタイの観光ビザが取りにくくなるという話も聞きます。

簡単な面談もあるため、観光だと証明するようなものがあるとより良いかと思います。

あと何度も書きますが、申請は午前中に行くべきです。

ほんとに帰りはひどい目にあいました。

 

以上、「タイの観光ビザ延長のためチェーンワタナのイミグレに行ってきた。」でした。

 

 

コメント