私のタイ・バンコクでの生活費をざっくり公開します。2016年12月版
スポンサーリンク

私のタイ・バンコクでの生活費をざっくり公開します。2016年12月版

20161227j_costofliving_title

つい先日、私の知り合いで以前バンコクに移住してこられて、今は瀬戸内海の男木島という離島にお住まいの方がいらっしゃるのですが、その方が離島への移住にかかる費用という事で話をされていたので、私の生活費も公開して見る事にしました。

こんにちは、バンコク在住のダイ(@daijirok-jp)です。

細かく家計簿をつけているわけではないのでざっくりした金額ですが、だいたい合っていると思います。

ちなみに私の知り合いの方が書いた「男木島への移住にかかる費用」を書かれた投稿というのは下記です。

田舎暮らしの生活費、生活を始めるための初期投資はいくらか、我が家の様子をシェアし、平均な金額も探ります。大きくなりがちな初期費用を「家賃の前払い」というつもりで実行すると、住む場所はかなり自由に選べるのではないかということについても考えました。

スポンサーリンク

ここ最近の生活費

これまでタイで暮らして来てその時の給与などによっても生活費は結構上下しています。例えば以前日経商社に勤めていた時は家賃が13,000Bと現在の約2倍だったりしており、退職直前は毎日のようにスターバックスでコーヒーを買ったりしていました。笑

おかげで今はスターバックスタイのゴールドメンバーです。

タイでの費用

という事で、参考になるかは分かりませんが、現在のざっくりとした生活費です。

項目 金額(タイバーツ)
家賃 6,800
電気水道 1,200
交通費(BTS、タクシー) 1,500
通信費 1,000
フィットネスジム 2,000
食事 8,000
カフェ 1,500
交際費(食事や映画等) 4,000
雑費(消耗品等) 1,500

タイ国内合計 28,000 バーツ

日本での費用

私の場合、親族に腎臓病で腎臓透析をしている人や難病指定を受けて治療している人がいるため、万が一そういうような事になって日本に本帰国する事になっても、最低限の保証を受けられるよう、また障害者年金をもらうために念のため保険に入っています。

という事で、上記のタイでの費用の他に、日本側の費用が月々かかっています。

項目 金額(タイバーツ)
国民年金 5,500
生協保険 1,500
アマゾンアンリミテッド 300
Dマガジン 200

日本国内合計 7,500 バーツ

という事でタイと日本の合計を合わせると、

日タイ合計の月々の費用 35,500 バーツ

となりました。日本円だとだいたい10~11万円くらいでしょうか。

感想

この金額が高いのか安いのかよく分かりません。たぶん見る人によるのでしょう。私にとってはこれでとりあえず満足な生活が送れていますが、できればキッチン・洗濯機付きのコンドミニアムに住みたいというのはありますが。

だいたい合っているとは思うのですが、せっかくなので来年は家計簿でもつけて公開しようと思います。

ちなみにシーナカリン大学に留学していた時はタイでの費用はだいたい15,000バーツくらいで生活しており、日本食も月に1,2回ほどしか食べていなかったので随分と贅沢にはなっていると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ラインスタンプ
⚫️ ラインスタンプの販売をしています。宜しくお願いします。^^
line_sticker_daily

クマのブルー 楽しい日常生活 日本語タイ語 日本語が少しわかる、または興味が有るタイ人とのコミュニケーション用に使えるものになっています。全て日本語タイ語併記です。

line_sticker_business

クマのブルー 楽しい職場(日本語タイ語) タイ人のお客さんやサプライヤさんに、気軽に送れるようなスタンプだと思います。全て日本語タイ語併記です。