プログラミングは35歳過ぎてたってやる価値があると思う件
スポンサーリンク

プログラミングは35歳過ぎてたってやる価値があると思う件

プログラミングは35歳過ぎてたってやる価値があると思う件

最近毎日プログラミングの勉強をしています。

とは言っても、「プログラマー35歳定年説」という言葉がある程の世界です。どんどん技術が進歩していくのでどんどん新しいことを積極的に学んで行かねばならないため若いうちでないと第一線で働くのは難しいんじゃないかというような説です。

そんな説もあるのに36歳からプログラミングの勉強をする事にして、わざわざ毎日の勉強の経過を記すSPF36.comというブログまで別に作ったバンコク在住のダイ(@daijirok-jp)です。こんにちは。

つい最近始めたばかりですが、私よりももっと高齢から勉強を始めたという方を紹介した記事がありましたので、紹介したいと思います。

「やめとけ」と叫び続ける内なる自分とひたすら言い争ってみました。

何と、この方は56歳からプログラミングの勉強を始めることにしたそうです。詳細は上のリンクから原文を見ていただく事にして、内容を簡単に要約すると「自分でも周りより歳をとっているって事は分かってるけどプログラミングの勉強しているとワクワクすんだ!初心に戻って頑張るよ。歳なんて関係ない!プログラミング最高!」みたいな事が書かれています。

この方から比べたら私なんて20年も早く初める事ができてアドバンテージがあるっていう事ですね。

このほかにも

GitHubの日本法人設立の立役者となった堀江大輔さんにインタビュー。Amazon、Yahoo!Japan、Six Apart、クックパッド、スタートアップの起業など、WEB業界の第一線で活躍を続ける彼のキャリアの転機、そして後進に贈るアドバイスとは。

という記事も見つけました。

こちらは37歳からプログラムの勉強を初めたという堀江氏へのインタビュー記事です。

スポンサーリンク

後悔最小化理論とは

プログラミングだろうと英語だろうと何だろうとやりたい時に始めれば良いんだと思います。あとであの時やってれば良かったなんて後悔するより、やって挫折してみれば良いんじゃないでしょうか。

時間は皆平等に24時間しかありませんのでその勉強に使う時間が勿体無いと思うのなら、手っ取り早くプログラミングのできる人を雇えば良いでしょう。わざわざ自分でやる必要なんてありません。

大して見たくもないテレビドラマや動物の動画を見て時間を消費している時間があるのなら、やりたい事をやってみれば良いのです。

プログラミングでなくても、もしかしたら生涯をかけて打ち込めるものが見つかるかも知れません。

アマゾン創業者のジェフベゾス氏は「後悔最小化理論」という考え方を続けており、これは「とにかく後悔をしないような生き方をする」という事だそうです。

失敗したすぐ後は、こんなバカな事やるんじゃなかった、身の程を知るべきだったと後悔するかも知れません。たふぁ長いスパンでみるとそれは本当に後悔するような事何でしょうか。

あとで後悔しないためにはどういう選択をすれば良いか、100歳になった自分が見たらどう思うかという事を想像してみるのも良いのかも知れません。

プログラミング

今の時代ケータイアプリならだれでもアプリを公開ができます。その中には画面に出てきた卵の写真を100万回タップすれば卵が割れて、卵を割るまでにかかった時間をフェイスブックやツイッターでシェアできるという「100万の卵」というアプリが単純なゲームがいくつかの国で流行ったりしました。もちろんそのアプリ作成者には莫大な広告費収入が入ったそうです。

ちなみになぜか今はダウンロードできないようになっています。

このゲームを作成するために必要なプログラミング技術はそんなに高度なものではないでしょう。アイデア勝負のアプリということになります。

私のよくお世話になっているアイフォンアプリClockwork(無料版)という一定時間ごとにアラームを鳴らしてくれるというアプリも、非常にシンプルで多分勉強を始めればかなり早い段階で作れるようになるアプリです。

「Clockwork 無料版 - 連続タイマー」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。Clockwork 無料版 - 連続タイマーをダウンロードして iPhone、iPad、iPod touch で利用。

要するに人々に求められているアプリを作るには高度な知識を必要としないものもあるという事です。

特定の職業向けだとかマイナー言語に対応する事で大ヒットととは言えなくても誰かの役に立ちお金を稼ぐことは可能だという事です。

もちろん巷で人気のモンスターストライクやらポケモンGOとかそういう高度なゲームなら確かに難しいかもと思います。そもそも個人で作れるゲームではなくはないでしょう。

確かに大規模で最先端を行くような開発案件は年齢によっては厳しいかも知れません。

ですが、これから人間の寿命もどんどん伸びて行く中で、生涯やっても飽きる事がない良い趣味だと思うんですがどうでしょうか。

感想

私の場合はプログラミングですが、語学でも楽器でも旅行でも興味を持ってやってみるのもいいかなと思います。

人は死ぬ前にもっと旅行していろんな国を見ておけば良かったなんて事も思うそうです。

命あるものはいつか必ず死ぬとわかっていても、私たちはどうしても「死」という問題から目を背けてしまいがちです。しかし、自分の「死」について考えることは自分の「生」を考えることでもあります。今回は、生きるために知っておきたい、人が死ぬ前に後悔する12のことをお伝えします。

後悔しないような人生を過ごしたいですね。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ラインスタンプ
⚫️ ラインスタンプの販売をしています。宜しくお願いします。^^
line_sticker_daily

クマのブルー 楽しい日常生活 日本語タイ語 日本語が少しわかる、または興味が有るタイ人とのコミュニケーション用に使えるものになっています。全て日本語タイ語併記です。

line_sticker_business

クマのブルー 楽しい職場(日本語タイ語) タイ人のお客さんやサプライヤさんに、気軽に送れるようなスタンプだと思います。全て日本語タイ語併記です。