スポンサーリンク

豚珍館ラーメン (とんちんかん) パホンヨーティンソイ7アーリー地区

ここ最近節約のためタイ料理か自炊の食事ばかりです。

こんにちは、バンコク在住のダイ(@daijirok-jp)です。

2018年5月26日。今日は以前から気になっていたバンコクのアーリー地区唯一のラーメン店(たぶん)豚珍館ラーメン(とんちんかんラーメン)にやってきました。

以前、味噌ラーメンを食べておいしかったので今度はチャーシュー丼にトライしたいと思います。

 

スポンサーリンク

外観

BTSアーリー駅からVillaアーリーと反対方向に降りてすぐにあるソイ(パホンヨーティン・ソイ7)から入って徒歩7,8分くらい左手です。モーターサイなら多分10Bです。

ちなみにソイの奥の方に見える大きなビルはタイの税務署で、その左側には公園もあります。

 

駐車場はありませんが、店舗の前付近は駐車禁止ではないのでこの付近に停める人が多いです。夜は駐車できる場所を探すのに苦労するかも。

ちなみに路肩が赤と白のシマシマ模様のところは駐車禁止です。このソイでの違法駐車は結構よく捕まってます。

 

内観:お店の中はこんな感じ

店内はイケアにありそうな木の机といすのセット。フローリングで清潔感と温かみがあります。

 

大型のテレビもあり、NHKの英語放送がかかっていました。前回私が来た時もNHKの英語放送でした。

 

雑誌は日本の料理漫画(タイ語バージョン)とWISEが置いてありました。

私は2,018年5月26日の昼の12時過ぎにお店に行きましたが、私のほかにお客さんはタイ人女性4人組の1グループとタイ人のファミリー男女と子供1人だけでした。

ただ平日の夜なんかは結構お客さんが入っているのをちょくちょく見ます。

 

お手洗い

blog_20180526_TonchinkanRamen_5

お手洗いは2階への階段上がってすぐです。ミニシャワー、キレイキレイ、紙が完備してあります。普通に清潔でした。

 

ちなみに2階はまだ店舗としては利用しておらず物置になっていました。

 

メニューとオススメ

blog_20180526_TonchinkanRamen_9

店員さんに聞くと「味噌ラーメン」と「坦々麺」がおすすめでシグネチャーなんだそうです。

メニューの日本語を見る限り、お店のオーナーはタイ人のようですが、聞き忘れました。

 

クリックで拡大します↑

 

実食:食べた物

無料お通しの枝豆

何か注文するとまずはお通しとして枝豆とおしぼり、そしてレンゲがが出てきました。
枝豆は暖かくはありませんが、粗塩が降って有りおいしかったです。枝豆は無料のお通しですが、おかわりしたい程でした。おかわりできるのかは聞き忘れました^^;

飲み物は何も出てこないので必要なら別途注文が必要です。一番安い飲み物はジョッキに入った緑茶で20Bです。

 

チャーシュー丼175B

チャーシューに対してごはんが多めで、ごはんのみが余りました。チャーシュー丼のタレは少な目ですが、別途小さな器に入れてサーブされるのでお好みで追加してかける事ができます。

お吸い物。味は悪くないのですが味が濃く最後まで飲めず、、、。

私はもう注文しないでしょう。注文したとしてもミニの方かな。。。

 

味噌ラーメン240B

今回は食べませんでしたが、前回味噌ラーメン食べたときの写真があったので添付しておきます。味噌ラーメンはおすすめするだけあっておいしかったです。ただし通常盛りでも結構ボリュームがあり私は次回からミニにしようかと思いました。

通常、女性はミニにした方が良いかと思います。

 

お会計

blog_20180526_TonchinkanRamen_10

会計は店員さんを席に呼んで会計するタイプ。TAXは別途7%かかりましたが、サービスチャージはなかったです。

 

全体的な感想

わざわざスクムビット辺りから来るほどのお店ではないのかと思います。ただ、噌ラーメンはおいしかったです。近くに住んでいて日本のラーメンが食べたくなったら、行ってみても良いのかなという感じ。

タイ人8:日本人2くらいの客層で、つぶれない程度にお客さんは入っています。アーリーには日本料理は数えるほどしかなく、また私の知る限りラーメン屋さんはこの店だけですので、ぜひ頑張って欲しいところです。

 

お店の連絡先と地図

住所:117/2 Soi Phahol Yothin 7, Khwaeng Samsen Nai, Khet Phaya Thai, Krung Thep Maha Nakhon 10400
電話番号:02 036 6990
営業時間:11時30分~14時30分および17時30分~21時00分
お店のフェイスブックページ:https://www.facebook.com/Tonchinkan.Ramen

コメント