スポンサーリンク

2017年春、図書館TCDCがタイ中央郵便局ビルへ移転で国内最大規模に

20161027_tcdcnew_title1

今月末(2016年10月末)で移転のため閉店するエンポリアム6階(映画館と同じ階)のTCDC(Thailand Creative & Design Center)でこの記事を書いています。

こんにちは、バンコク在住の大さん(@daijirok-jp)です。

TCDCがいかに素晴らしいかというのは以前記事にも書きましたが、残念ながら今月末でタイ中央郵便局ビルへの移転します。

ちなみにこのエンポリ側のスペースが今後どうなるかについては、TCDCの従業員に聞いてみましたが、まだ分からないとの事でした。

中央郵便局ビルでのオープンは2017年の4月頃という事らしいですが、なんと移転先についてのエキシビジョンをやっている事が、今更ながら昨日分かりました。

このエキシビジョンは9月8日から行われておりTCDC閉店と同じ10月30日(31日月曜日は休みため)までTCDC入り口近くの多目的ルームで行われています。

今更ですが、そのエキシビジョンを見て驚きました。なんとTCDCが超巨大化します。

スポンサーリンク

移転後のTCDCについて

20161027_tcdcnew_3

⬆️ 中央郵便局は完成から70年経っており歴史的価値の高い建物だそうです。

 

20161027_tcdcnew_1

⬆️ 中央郵便局の模型(本物は石とコンクリートでできた立派な建物です。

 

20161027_tcdcnew_2

⬆️ 間借りするのかと思ってましたが、なんと地上6階(Mフロアを階として換算)をすべてTCDCとして使うそうです。

上の写真は見にくいと思うので解説すると

  • 5階:コワーキングスペース
  • 4階:TCDCリソースセンターと多目的ルーム
  • 3階:メーカースペースと会議室
  • 2階:コワーキングスペースとTCDCの事務所
  • M階:ワークショップルーム2室
  • 1階:多目的ルームとロビー
  • 地下:整備室

となります。

 

20161027_tcdcnew_5

⬆️ 5階部分のCoWorking Spaceの模型

 

中央郵便局ビルの場所について

最寄駅のBTSサパーンタクシン駅から1km程ジャルンクルン通りを北上して左手にあります。便利な場所とは言い難いです。

メンバーについて

以前の記事にも書きましたが、TCDCのメンバー費用は民間のコワーキングスペースと比べると激安です。

通常のメンバーであればタイで働いている人は1年会員で1,200B(3,600円程)、働いていない人でも3,600B(10,800円程)です。その他、私も入っているプレミアムメンバー等に関しては下記をご参照ください。

おすすめ!バンコクでネットができる激安図書館がエンポリアム内に。TCDC。1
TCDCは2017年にチャオプラヤ川沿いのチャルンクルン通りにある中央郵便局に移転しました。エンポリアムのTCDC後には「AIS DC」という施設ができました。

移転後のメンバー費用については分かりませんが、現行のメンバーについては自動的に2017年末まで有効期限が延長されるそうです。

まとめ

もしシーロム・トンブリー方面にお住まいや職場があるのでしたら、移転後は一度訪問されてみる事をお勧めします。現行のTCDC同様とてもスタイリッシュな内装になるようです。

 

バンコクの図書館、コワーキングスペース、作業場に興味のある方にはこちらも記事もオススメです。↓

『随時更新』タイ・バンコクのコワーキングスペースまとめ
...
『随時更新中』タイ・バンコクの図書館まとめ
...

コメント