[現地採用]卒業証明の署名証明のためにタイ外務省へ行くも門前払い
スポンサーリンク

[現地採用]卒業証明の署名証明のためにタイ外務省へ行くも門前払い

20161125j_consular_affairs_title

ビジネスビザを取得して無事本日早朝タイに戻ってきましたが、今度はワークパーミット取得のための書類を用意に取り掛かっています。

こんにちは、バンコク在住のダイ(@daijirok-jp)です。

さてこれからワークパーミットを取得して働き始めるまでに以下の書類を用意するように言われました。

スポンサーリンク

ワークパーミット取得のために用意するよう言われた書類

  1. パスポートとビジネスビザ(日本で取得)
  2. 写真3X4cmを3枚(すでにあり)
  3. ワークパーミット用の健康診断書(知り合いの医者に書いてもらった)
  4. 大学の卒業証明にタイ外務省のスタンプがついたもの
  5. ภงด.91 (Por Ngor Dor 91 / Witholding Tax Form)

1, 2, 3 は問題ないとして、あとは4と5です。

まずは4を片付けることにしました。

5は以前勤めていた会社にもらえるそうです。

大学卒業証明にタイ外務省のスタンプ

就職先の人事に聞くと良く分からないけれど、こんなものだという事ですでに就業している外国人の物の見本を見せてくれましたので、写真に撮らせてもらいました。

たぶんジェーンワタナの合同庁舎に行けば良いはずとも教えてもらいました。

20161125j_certification

↑ この赤い矢印で示した所に貼ってある紙とスタンプが必要との事。

午前中はタイ語学校だったので、タイ語学校の受付の子に聞いてみましたが、よく分からないとの事。ただこのスタンプ、กระทรวงการต่างประเทศ / Foreign Affairs(外務省)と書いてあるので外務省へ行ってみてはどうかと言われました。

幸いタイ外務省は私の通っているAAAタイ語学校からすぐ近くにあるんだそうです。

もしかしたらジェーンワタナまで行かなくても済むかもと思い、歩いて行ってみました。

タイ外務省へ

到着しましたが、職員以外の人の出入りが全く見られず、ここじゃない感が半端ありません。笑

20161125j_consular_affairs_3

↑ タイの外務省入り口

それでもまあ、とりあえず行ってみようと門をくぐると、案の定、駐車場入り口の警備員に止められてここじゃないと言われました。

時々私みたいなのが来るのか、地図付きの連絡先が書かれた紙を渡され、ジェーンワタナのガバメントコンプレックス(ศูนย์ราชการแจ้งวัฒนะ)へ行けと言われました。

15:30に閉まるから気をつけろとも教えてくれました。親切です。

20161125j_consular_affairs_2

↑ タイ外務省の警備員にもらった紙

見てみると領事局(กรมการกงสุล)と書いてありますので、外務省領事局とでも言えば良いのかそちらへ行けとの事のようです。

ただもう既に14時ごろ。ちょっと時間が微妙なので月曜日に行く事にしました。

帰り道

帰る途中、道を挟んだ向かいに恐竜化石博物館(勝手に命名)なるものがありました。入場無料だったので入ってみました。全然大した事なかったんですが、長くなるのでこの話はまた今度で。

20161125j_consular_affairs_1

↑ 化石博物館?の入り口。右にFREE!!!と書いてあります。左にはよく見ると恐竜の置物も。

追記

この記事はバンコクで現地採用として働くまでのお話の一部です。概要は長くなりますので、下記にて時系列でまとめています。ご興味ございましたら是非ご覧ください。↓

「まとめ」タイの国営企業で現地採用として働く事になりました。
2015年末にバンコクにある日経の商社を退職し、晴れてブロガーとしてバンコクで生活していましたが、私のタイ語のブログを読んでく...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ラインスタンプ
⚫️ ラインスタンプの販売をしています。宜しくお願いします。^^
line_sticker_daily

クマのブルー 楽しい日常生活 日本語タイ語 日本語が少しわかる、または興味が有るタイ人とのコミュニケーション用に使えるものになっています。全て日本語タイ語併記です。

line_sticker_business

クマのブルー 楽しい職場(日本語タイ語) タイ人のお客さんやサプライヤさんに、気軽に送れるようなスタンプだと思います。全て日本語タイ語併記です。