タイで人材紹介会社を使わずに、安く日本人を採用する方法5つ
スポンサーリンク

タイで人材紹介会社を使わずに、安く日本人を採用する方法5つ

タイで人材紹介会社を使わずに、安く日本人を採用する方法5つ

タイで日本人が仕事を探す場合、通常人材紹介会社に登録してそこからの紹介を待つのが一般的です。

ただし日本人を雇いたい企業側としては結構な額の手数料(採用する人間の月給の2倍〜3倍)を払いたくないので、できれば人材紹介会社は使いたくないというのは当然です。

特にタイの企業はそれが顕著で、私が勤めている会社も全くその通りです。

私自身ブログ経由で声をかけてもらいました。

まあ、もうすぐ退職するんですが。。。

こんにちは、バンコク在住10年目のダイ(@daijirok_jp)です。

先月、今勤めているタイの国営企業を辞める事になった際から、日本人の先輩とどうすれば日本人を採用できるかという話をしたので、ブログにまとめておこくとにしました。

スポンサーリンク

人材紹介会社経由以外で日本人を雇う方法5つ

出てきた案は下記の5つです

  1. 日本人の知り合いを紹介してもらう
  2. 無料の掲示板に書き込む
  3. 求職者の掲示板をみてコンタクトをとる
  4. フリーペーパーの無料スペースに募集を載せる
  5. タイ語学校にチラシを貼る

という事で、一つ一つ実例をあげて紹介していきます。

1. 日本人の知り合いを紹介してもらう

タイミング良く求職している人がいるとは限りませんが、知り合いや現職の社員に尋ねてみるのが良いでしょう

会社によっては採用されれば紹介者に紹介料を出すと社員に周知して積極的に紹介制度を導入しているところがあります。

人材紹介会社を使うよりはよほど安く済みます。

2. 無料の求人の掲示板に書き込む

無料で書き込める求人の掲示板があるので、そこに書き込むという方法です。

ワイズというバンコクの週刊フリーペーパーのウェブ版に無料で書き込める求人の掲示板があります。

ワイズデジタル【タイで働く人のための情報サイト】クラシファイド

また、この↓バンコク掲示板にも同様に無料で書き込める求人の掲示板があります。

バンコクの「求人・アルバイト」の掲示板です。

どちらも無料なので両方に書き込めば良いでしょう。

そして自分の投稿が下の方に下がって来たと思ったら、求人を上げ直して上の方に表示されるようにした方が良いでしょう。

また私が知らないだけで他にもあるかも知れません。

見つけたら追加します。

3.求職者の掲示板をみてコンタクトをとる

バンコク週報のウェブサイトには求職者が自身を売り込めるという求職者の掲示板があり、企業側から連絡をする事ができます。

確認すると人材紹介会社が連絡を取る場合は費用が発生しますが、一般企業は無料でコンタクト可能という規約でした。

ちなみに求人の投稿は月々3,000バーツだそうです。

バンコク週報求人転職

タイ、バンコクで日本人向けの求人・求職・転職なら、バンコク週報の求職求人情報サイト

ちなみに登録なしで誰でも求職者の情報は見れるので、私も見てみましたが、とんでもない人が居たりして日本人求職者の層の厚さに驚きました。

4.フリーペーパーの無料スペースに募集を載せる

DACOという日本人向けの有名なフリーペーパーには無料で掲載してもらえる掲示板のようなページがあります。

掲載を希望しても、採用されるか分かりませんし月に2回発行なのでタイムラグもあるため、あまりお勧めできませんが、ここで求人の記事を見た事があります。

5.タイ語学校にチラシを貼る

近くにタイ語学校があれば学校にお願いしてチラシを貼りましょう。

だいたい無料で貼らせてくれます。

まとめ

まず1番で友人や社員への周知して2番のウェブボードへ求人を掲載。

そして3番のウェブボードを毎日チェックして気になる人には連絡を取っていきましょう。

4番と5番は正直あまりお勧めできませんが、まあこういう方法もあるよという事で紹介しておきました。

また何か見つけましたら追記して紹介しようと思います。

では。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ラインスタンプ
⚫️ ラインスタンプの販売をしています。宜しくお願いします。^^
line_sticker_daily

クマのブルー 楽しい日常生活 日本語タイ語 日本語が少しわかる、または興味が有るタイ人とのコミュニケーション用に使えるものになっています。全て日本語タイ語併記です。

line_sticker_business

クマのブルー 楽しい職場(日本語タイ語) タイ人のお客さんやサプライヤさんに、気軽に送れるようなスタンプだと思います。全て日本語タイ語併記です。