バンコク在住者におすすめ。特典有り過ぎタイのイオンJCBゴールドカード
スポンサーリンク

バンコク在住者におすすめ。特典有り過ぎタイのイオンJCBゴールドカード

20160628j_title
今日は日本に2ヶ月ほど一時帰国するので、このブログが公開される頃にはすでに準備万端で暇している事でしょう。絶対ギリギリは時間がなくなるのはわかっているので予約投稿してあります。こんにちはバンコク在住のダイです。

深夜便なのでもう少ししてからスワンナプーム空港へ行くわけですが、今回こそはラウンジを使ってやろうと目論んでいます。という事でラウンジも使えるクレジットカード”タイの”「イオンJCBゴールドカード」をご紹介いたします。

実はこのカード、生活環境によってはかなりお得なカードとなるので、私自身年会費がかかるにもかかわらず持ち続けています。私の場合は確実に元が取れてると思います。という事で利点欠点を下記にまとめてみました。

もし自分もお得になるか確認してみてはいかがでしょうか。

20160204a_jcb

カードの詳細はこちらからご確認ください→Aeon Thana Shinsap

スポンサーリンク

利点

タイ全国に12あるイオンのプレミアムラウンジが使える。

私がよく利用するのはセントラルワールド4階のプレミアムラウンジです。無料Wifi、無料電源にちょっとしたお菓子、水(ペットボトル)、コーヒー、無料の印刷サービス、旅行ガイドの本なんかが置いてあります。そしてタイの日本を紹介するテレビ番組、”すごいジャパン”がエンドレスで流れています。

かなり冷房が効いているので上着がないと長時間要られません。またカード所有者のほか同伴者1人が同時にラウンジを利用する事ができます。


20160204a_aeon_lounge

Facebook: Aeon Platinum Lounge – 4Flr Central World

ちなみにラウンジですが、現時点では下記にあるそうです。

  1. セントラル ワールド
  2. ファッションアイランド
  3. セントラルフェスティバル チェンマイ
  4. セントラルフェスティバル ハジャイ
  5. メガバンナー
  6. セントラルプラザ ウドンタニ
  7. セントラルプラザ コンケン
  8. セントラルプラザ ラヨーン
  9. セントラルプラザ ランシット
  10. セントラルプラザ ウエストゲート
  11. セントラルプラザ ピンクラオ
  12. イオンシラチャ ショッピングセンター

最近ではエムクオーティエ内の映画館のすぐ脇にラウンジができてます。チケット買った人だけ利用可能なものなのかは、ちょっと確認できませんでしたが。

アマリンプラザにあるJCBのプレミアムラウンジが使える。

こちらはバンコク市内のアマリンプラザにしかないのですが、無料で使えるラウンジがあります。ここはアマリンプラザのショッピング街ではなく上の方の階にあるので知っている人は少ないと思います。

20160204a_jcb_lounge1

日本国内の空港に多数あるJCBプレミアムラウンジが使える。

JCBゴールドって日本ではもっと年会費が高いんですかね。日本にあるほとんどの空港を網羅しているんじゃないかと思うくらい、色んな空港にラウンジがあります。成田や関空等大きな空港には多数のラウンジがあります。

*2016年11月追記:イオンゴールドカードの空港ラウンジ利用は羽田空港でしかできないと言う事がイオンカードのオフィシャルサイトに記載してあります。いろいろなサイトを確認してみましたが、イオンゴールドカード(JCB)がJCBゴールド向けの空港ラウンジが使えない可能性が高いため、本件JCBカードに確認する事に致します。確認できましたら、この記事内にて結果を公開します。

ちなみに、2016年8月に関西国際空港JCBゴールドで利用できるラウンジ「金剛」では問題なく使えました。下の写真は私がその時にとった写真です。とはいえ、ただその時の従業員がよく分かっていなかっただけと言う可能性も十分にありえます。

空港ラウンジサービス|クレジットカードなら、JCBカード空港ラウンジサービス|クレジットカードなら、JCBカード
詳細はこちらのJCBのページに記載があります。

ちなみに私はボランティア狙いで早めに空港にいく事が多いので、空港のラウンジが利用できるのはありがたいです。

ボランティアっていうのはダブルブッキングで乗れない人がいるので他の便に代わってくれませんか?と航空会社からお願いされる事で、現金やバウチャーがもらえます。噂には聞いてましたが、一度だけお願いされた事があります。

20160204a_lounge1

使用したらすぐにケータイにショートメッセージが来る。

申し込み時にそういう設定ができます。これで2重に精算されたり、スキミングされた際には、すぐに気づいて対応ができますね。日本のカードにはそういう機能ないんですかね。それとも私が知らないだけでしょうか。

保証金が必要ない

銀行系のカードって保証金といえば良いのか、定期預金にクレジットカードの限度額を預けておく必要があったります。例えばバンコク銀行の場合3万バーツが限度額のクレジットカードを持ちたい場合、3万バーツを常に定期預金として預けておく必要があります。

クレジットというよりデビットカードに近い感じですが、引き落としはその定期から落ちるわけではないのでデビットカードではないです。

このカードにはそういう保証金的なものは必要ありません。

タイ国内の飲食店(特に日本食レストラン)でJCBの割引が受けられる。

こういう割引は、よくあるのがカシコンバンク等銀行系のカード、AIS等のケータイキャリア、そしてクラブタイランドでの割引ですが、ちょくちょく意外なところでJCBの割引があるお店があります。そしてあまり他のカードとかぶっていない気がします。よく行く店がJCBと提携している場合はよりお得でしょう。

欠点

年会費がある

初年度は無料ですが、翌年以降年500Bです。そんなに高くはないですが、安くもないですね。。。

タイで働いてないと申し込みできない。

基本的にタイ人向けのカードなのでタイで働いている必要があるようです。給与が2万バーツ以上ある必要があります。

日本人でバンコクで仕事をしていれば、これ以上の額はもらっているはずですので、金額的には問題ないと思います。私は現地採用時代に作りました。
20160628j_slip1

最後に

タイで生活していると、特にゴルフをされる方にはクラブタイランドカードが有名ですが、探せば以外とお得なカードがあるようです。また何かありましたらこのブログでご紹介しようと思います。

特に現地採用の方でもうすぐ辞める予定、なんて方は検討してみても良いかと思います。退職後は再就職して半年くらい勤めないとカードが作れません。

ได: ผมแนะนำบัตรเครดิตเทพที่ผมก็ใช้อยู่สำหรับชอบห้องรับพักรับรองพิเศษได: ผมแนะนำบัตรเครดิตเทพที่ผมก็ใช้อยู่สำหรับชอบห้องรับพักรับรองพิเศษ
↑本生地のタイ語版はこちらになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ラインスタンプ
⚫️ ラインスタンプの販売をしています。宜しくお願いします。^^
line_sticker_daily

クマのブルー 楽しい日常生活 日本語タイ語 日本語が少しわかる、または興味が有るタイ人とのコミュニケーション用に使えるものになっています。全て日本語タイ語併記です。

line_sticker_business

クマのブルー 楽しい職場(日本語タイ語) タイ人のお客さんやサプライヤさんに、気軽に送れるようなスタンプだと思います。全て日本語タイ語併記です。

コメント

  1. aeon より:

    イオンゴールドカードは、空港のカードラウンジに使えません。
    一部の除外されたカードの中に入ります。

    • 大さん より:

      貴重な情報をありがとうございます。

      調べてみると確かにイオンゴールドカードは、空港ラウンジに関して、羽田空港のラウンジのみで使えると言う記載が、イオンのオフィシャルサイトにありました。
      http://www.aeon.co.jp/creditcard/merit/goldcard.html

      ただ、これに関してイオンゴールドカード(JCB)が空港のJCBゴールド向けラウンジを利用できないという事ではないのではないかと思います。

      とは言うものの、JCBカードウェブサイト(空港ラウンジサービス)を見ると対照会員に*一部利用できないカードもありますとの記載もありました。しかし、どのカードが対象外なのかという記載まではありません。
      http://www.jcb.co.jp/service/premium/gold-basic/lounge.html

      ネットで調べましたが、どうもはっきりしません。また2016年8月に関西国際空港JCBゴールドで利用できるラウンジ「金剛」では問題なく使えました。記事内の写真は私がその時にとった写真です。とはいえ、ただその時の従業員がよく分かっていなかっただけ、またはわざわざ言うのが面倒だっただけと言う可能性も十分にありえます。

      と言う事でJCBカードに問い合わせてみようと思います。記事内には回答があるまで注釈を入れる事にいたします。